スマフォアプリ出身の有名人が生まれる時代もそう遠くない!?

この記事が良ければ、ぜひシェアお願いします

最近アイドルの台頭が非常に厳しい状況にあります。AKB48を筆頭に、SKE48、NMB48、そしてAKB48公式ライバルの乃木坂46などのAKBグループが、音楽の垣根を越えてバラエティ番組、ワイドショーのキャスター、ニュース番組のお天気お姉さんと、これまで担っていた若手女性タレントのポストをどんどんと侵略しているからです。

また、これまでだと「結婚 or 妊娠→引退」という図式が当たり前だった芸能業界だったが、結婚・出産後もそのままテレビに露出することが普通になってきています。例えば、既に2子を出産・育児されている辻希美さんだったり、ついこの前結婚された木下優樹菜さん・小倉優子・藤本美貴さんはアメブロでも今も上位にランキングされていたり、松田聖子さんや堀ちえみさんなどのママドルも健在ですね。

昼の情報番組「ひるおび!」(TBS)が、お天気コーナーに日替わりでAKB48のメンバーを出演させることを発表。これまではAKB48の柏木由紀とタレントの森田美位子が担当していたが、森田はリストラされ、今後は柏木に加えて、倉持明日香らAKB48の5人で担当することになった。
テレビや雑誌で見ない日はないAKBだが、次々と仕事を奪われるグラビアアイドルや、事務所関係者からはさすがに「もう勘弁して」と泣きが入っている。

というのも、これまでビキニなど水着姿を披露する雑誌のグラビアコーナーは、グラドルの“独壇場”だった。ところが、ここ数年はAKBが大量に進出し、先日はグラドルの熊田曜子が深夜番組で「AKBのせいで仕事がなくなった」とボヤいていた。実際、グラビア市場はAKBの寡占状態なのだ。さらにお天気コーナーまでとは……。我慢の限界というわけだ。

引用元 : AKB48“異業種”進出に「もう勘弁して」の声 | ゲンダイネット

そうなると、これから世に出て行きたいと思う若い子達の入り口というものがほとんど無くなってしまいます。モーニング娘。や他のアイドルグループが苦労している現状を見ると、AKBの研究生として世に出ることやモデル体型ならその道を進む、あとはホリプロのようなスカウトキャラバンに出てグランプリを取るくらいしかないのでしょうか。読者モデルという手もありますが、こちらはこちらでライバルがたくさんいるようで・・・。

最近では芸能人になるステップとしてうっかりAV女優になってしまう子も多いようです。2ch界隈ではAV女優の方が芸能人よりも可愛いともっぱら評判です。もちろん、まともに芸能人をスカウトしている事務所もあることを補足しておきます。

そうなると、芸能人・タレントとして活躍したい子はどうしていけばよいのでしょうか?

ニコニコ動画出身で有名になる人が増えている

先日2012年4月末に、ニコニコ動画を運営するニワンゴさんが「ニコニコ超会議」を幕張メッセで開催されていましたが、非常に活況だったようです。あの経済産業省大臣であられる枝野氏が登壇されて、「クール・ジャパン」の促進を語られているほど大きなメディアとしてニコニコ動画が成長しています。

「クール・ジャパン」とは、世界が共感する日本の文化や産業をの海外に向けて発信させる経済産業省が推進するプロジェクト。枝野氏は、「こんなところまで来てしまいました」と苦笑しながらも、「ニコニコ動画やB級グルメ、日本には面白いものがたくさんある。海外の人たちが『いいよね』と思ってくれるような日本の文化をもっと発信させて行きたい」とあいさつした。

クール・ジャパンの一例として、自身もファンだというAKB48を挙げた枝野大臣は、「どうして韓流ばかりが人気で、AKB48が海外で人気ないのかが不思議だった。彼女たちも海外できっと流行するはず!」と熱弁。枝野氏は「推しメンは誰ですか?」との問いに、「それを話すと敵を増やしちゃうので」と交わしつつも「カラオケで3曲くらい歌っちゃいますね」と告白。これには、ユーザーたちも大盛り上がりで「マジかよ!」「今度歌って!」と突っ込みコメントが殺到していた。

引用元 : ニコニコ超会議に枝野経済産業相が登場! 韓流じゃなくてAKB48を海外で流行らせたい! | シネマトゥデイ

「おぃ、あんたもAKB推しかよっ!!」というツッコミはさておき、ニコニコ動画が発端となって世界に羽ばたいたVOCALOID(ボーカロイド)もありますが、ニコニコ動画で「歌ってみた」「演奏してみた」「踊ってみた」などのカテゴリで素顔で出演する人たちも増えています。

例えば、ニコニコ動画がきっかけでCDリリース/カラオケ曲として有名になった「エアーマンが倒せない」「思い出はおっくせんまん!」などもありますし、「流田Project」というバンドはニコニコ動画でも人気の曲をロックで演奏するコピーバンドとして一躍有名になり、カヴァーアルバムもリリースしています。

 




また、「踊ってみた」カテゴリでも有名な踊り手が集まって出来たユニット「DANCEROID」も人気が集まり、今や雑誌などのメディアに掲載されたりイベントをこなしたりと活躍されています。

このように、既存の露出メディアであるテレビや雑誌ではなく、新たなメディアとして台頭してきたニコニコ動画がきっかけとなって有名になるという道が広くなってきているのです。

スマートフォンアプリをきっかけに有名になる道もありそうだ

ニコニコ動画に関連するところで言えば、「VOCALOID」関連のスマートフォンアプリはたくさんリリースされています。また、先ほど挙げた「DANCEROID」も公式アプリをリリースしています。

他にも、ニコニコ動画で有名な踊り手であるモデルの「紗々さん」の公式写真集アプリも登場しています。こちらについてはAndroidアプリレビューサイトであるEXドロイドさんでもこのように記事になっています。

「【無料】萌え娘フォト写真集」はそんな彼女の魅力が満載の写真集アプリ。お花見の時期に撮影されたと思われる、着物姿の紗々さんの写真を堪能できる。無料の写真集アプリながら、画像枚数は全部で50枚というボリューム。フリック操作で閲覧できるほか、サムネイル表示機能もあり、写真集アプリとしての機能は十分だ。また、気に入った画像はダウンロードフォルダに保存して、待受け画像にすることも可能となっている。

引用元 : ニコ動の“有名踊り手”起用の写真集アプリ 「萌え娘フォト写真集」が高評価 | EXドロイド

他にも、歌い手として有名な「ピコさん」も公式アプリをリリースしています。ニコニコ生放送から話題となりAV女優となった「片桐えりりか」さんも公式アプリを出されていますね。他にも、ニコニコ動画で人気のアニメの声優さんが公式アプリを出していたりもしますね。

どうしてもニコニコ動画関連が目立ってしまいますが、無名な人でもスマートフォンアプリをきっかけにして有名になるという道もありえるのではないでしょうか?

今や都心部の電車の中は、本を読む人よりもスマートフォンを眺めている人の方が多い時代です。iTunesやGoogle Playのランキングに載ったり、レビューされることで、日の目を見ることも充分可能性としてありえるのではないかと考えられます。今後のスマートフォンアプリという市場の新たな活用方法として注目です。

スポンサーリンク

この記事が良ければ、ぜひシェアお願いします

もぐ
年齢 : 30代半ばの1児の新米パパ。ITネットワークから始まり、WEBディレクター、WEBシステム系のプロマネ、データ分析など色々やってるエンジニアです。WordPress、Webサービス構築、BIツール、IoTなどがトレンド。新しくて面白い仕事募集中。
スポンサーリンク