7インチタブレットのスペック比較表

この記事が良ければ、ぜひシェアお願いします

特に欲しいとは思っていなかったにも関わらず、Apple Storeに立ち寄った時に思わずiPad miniを購入してしまった人の話をちらほら耳にしますが、米Appleが発売した「iPad mini」は、大ヒットとは言わずとも多くのところで好評価を聞きます。7.9インチで日本では2万8800円からという、7インチのAndroidタブレットの価格帯と比べると少し高めのこのモデルですが、7インチクラスのタブレット市場では強力なライバルがひしめき合っていますね。また、Amazon.co.jpにアクセスすると分かりますが、フロントライト付きの電子ペーパー端末「Kindle Paperwhite」を始め、Android搭載の「Kindle Fire」「Kindle Fire HD」も発売されました。Amazonのサイトでは全面的に売り出されている感じを受けます。「iPad mini」は7.9インチと約8インチではありますが、「Kindle Fire」「Kindle Fire HD」はどちらも7インチとなります。

同様に噂されていたGoogleの「Nexus7」も遂に発売されました。7インチAndroid搭載タブレットで、Google Playstore上で販売されています。

iPad miniはあまり電子書籍を意識したPRをしていませんが、特にKindleの電子書籍や音楽を意識した内容は目を見張りますね。Nexus7でも一番始めに出てくるのは電子書籍の画面と、この7インチクラスのタブレットは電子書籍を強く意識したサイズだと感じます。

そうした7インチクラスのタブレット製品をスペックシート上での比較を行ってみました。

iPad mini(Wi-Fi) Nexus 7 Kindle Fire HD
サイズ
(幅×高さ×厚さ)
200×134.7×7.2 198.5×120×10.45 193 x 137 x 10.2
重量 308グラム 340グラム 395グラム
OS iOS 6 Android 4.1.2 Android 4系のカスタムロム
ディスプレイサイズ 7.9インチ 7インチ 7インチ
画面解像度 1024×768ドット(163ppi) 1280×800ドット(216ppi) 1280×800ドット(216ppi)
CPU A5
(1GHz、デュアルコア)
Tegra 3
(1.3GHz、クアッドコア)
OMAP 4460
(1.2GHz、デュアルコア)
RAM 512Mバイト 1Gバイト 1Gバイト
内蔵ストレージ 16Gバイト/32Gバイト/64Gバイト 16Gバイト/32Gバイト(予定) 16Gバイト/32Gバイト
GPS × ×
バッテリー持続時間 最大10時間 10時間(4325mAh) 11時間以上(4400mAh)
カメラ(フロント) 120万画素 120万画素 約100万画素?
カメラ(バック) 500万画素 なし なし
価格 2万8800円から 1万9800円から 1万5800円から

スポンサーリンク

スペックだけでは決められない

スペック表で並べただけだと、唯一GPS機能もありCPUも高性能なNexus7に軍配が上がりそうではあるのですが、Kindke Fire HDは「デュアルバンド・デュアルアンテナWi-Fi」、「HDMI出力あり」「デュアルドライバステレオスピーカー」と別要素もあったりします。また、iPadは最も大きいサイズにも関わらず重量は最も少ないという軽量化に成功しており、実際の操作感はiPad2と遜色がないという感想が多いです。

あとはどこでコンテンツやアプリを購入することが多いかによっても、どれを選択するのかが異なってくるのかと思います。また、自炊した電子書籍を多数保有している人にとっては、ストレージ容量が多い方が望ましいという場合もあるかもしれません。(かと言って、iPad mini 64GBだとかなりの金額になってしまいますし・・・)

実際私も7インチタブレットは書籍を読むのに最適なサイズのタブレット端末だと思っています。10インチだと片手で読むには重すぎるけど、5インチだと逆に小さ過ぎると感じたので、7インチが適していると考えます。また、冬場になるとコート着用が多くなると思いますが、コートのポケットにスッと入れて持って行くにもよいサイズかと思います。

どのような用途で7インチタブレットを活用したいのかによって、選ぶのが一番ではないでしょうか。他にも7インチタブレット端末は増えていきそうですので、とても楽しみな市場です。

スポンサーリンク

この記事が良ければ、ぜひシェアお願いします

もぐ
年齢 : 30代半ばの1児の新米パパ。ITネットワークから始まり、WEBディレクター、WEBシステム系のプロマネ、データ分析など色々やってるエンジニアです。WordPress、Webサービス構築、BIツール、IoTなどがトレンド。新しくて面白い仕事募集中。
スポンサーリンク