スマフォ課題と日本の人口分布から見るガラケーの必要性

この記事が良ければ、ぜひシェアお願いします

NTTドコモがガラケーを夏モデルでは出さずに、1年に1回の発売にすると発表したのを受けて、やっぱり違和感を感じました。Softbankは5月29日発表なのでどうなるか分かりませんが、auではガラケーも出すと発表しています。

NTTドコモは、6月~8月にかけて発売予定の2012年夏モデル19機種を発表した。発表済で、同時期の発売が予定されている「SH-06D NERV」や今回発表されるXi対応ルーターを含め、20機種がラインナップされる。その一方で、フィーチャーフォンは「キッズケータイ」1機種に留まり、iモード対応機種はゼロとなった。

引用元 : ドコモ、2012年夏モデル19機種を発表

以前も書きましたが、ガラケーを重宝している人はかなり多くいます。都市部は確かにほとんどの人がスマートフォンを所有しているものの、ガラケーとの2台持ちの人もいますし、地方部になるとガラケー所有者の人の方が多いと感じられます。

そのような状況の中で、ガラケーを廃止していく方向性に持って行くと、3つの問題が生じると私は考えています。

  1. 都市部ではスマートフォンの普及が進んでいるものの、それでもガラケーを重宝している人が多くいる
  2. 地方部ではスマートフォンよりもガラケーを好む人が多い
  3. ITリテラシーが低い人を置き去りにしてしまう可能性が高い


都市部と地方部での人口分布の差

統計局が纏めた平成21年10月時の都道府県別人口を見てもらえば分かると思いますが、全国人口に占める割合が4%以上の都道府県が9都道府県あり、その占める割合は52.9%となっています。約半分です。


引用元 : 都道府県別人口 | 統計局

上位3つの東京都、神奈川県、大阪府だけで約24%占めているのも驚きです。
さらに上位10位までで見てみると、東京都、神奈川県、大阪府、愛知県、埼玉県、千葉県、兵庫県、北海道、福岡県、静岡県で足し合わせると約55.9%になります。

日本は47都道府県あるということを忘れてはいけません。残りの37都道府県で約44.1%を占めている訳です。この偏りも目に付くところではありますが、上位の県10位以外でも約半分近くの人が住んでいる訳です。経済観点でも、この人々の重要性を忘れてはいけません。

通信インフラは公共性のあるものですので、地方に対しての配慮は欠くべきものではないと私は考えます。

なぜガラケーの必要性があるのか

ちょっと「ガラケー」というと「高画質カメラ・おサイフケータイ・ワンセグ・赤外線通信・高画質液晶を盛り込んだものである」と語弊があるのかもしれないので、この節以降では「普通携帯」とでも呼ばせてもらいます。ガラケー要素は入っている必要はなく、電話・メールが出来てバッテリーが長持ちする携帯電話を「普通携帯」と呼称します。

個人的な見解で恐縮ですが、地方に住む親戚一同は皆ガラケーでした。スマートフォンは難しくて使いこなせる自信がないという意見がほとんどでした。また、頻繁に携帯電話を充電する習慣があるわけでもありません。(ちなみに私の母は電話帳機能すらまともに使いこなせませんでした)

先述3つの問題があると書かせて貰いましたが、スマートフォンに乗り換えた方がガラケーに戻るという人は多いです。また、300万人編集会議では「あなたはスマホ派?ガラケー派?」という意見を募っていますが、このような意見がありました。

私は、ガラケー派です。
基本的に、通話(着信中心)とメールしか使っていませんので、携帯使用料は、ハーティ割引を活用して、月1000円以下です。
年収300万台のサラリーマンの身では、自宅のネット環境費用に加えて、スマホのパケット定額料金(約5000円位でしょうか)を払いきるのは、正直キツいところです。
現状で各メーカーのガラケー新製品が、少なくなっている中で、近い将来に市場にスマホしか流通しなくなるのは、余計な機能を押しつけられる気がして、かなり不安です。

引用元 : あなたはスマホ派?ガラケー派? | 300万人編集会議

スマホはデカ文字がありません。メールのみ、画面が大きくならないので、老眼には辛いです。ガラケーがやっとデカ文字対応したと思ったら、今度がスマホです。メールの文章を大きくするメーカーは現れないのでしょうか?

引用元 : あなたはスマホ派?ガラケー派? | 300万人編集会議

今は過渡期で、テンキー付のスマホや、オールタッチパネルのガラケーが製品として存在しますね。
つまり、操作性は、機能の両面から両者の融合が始まっているということだと理解していますが、今後注目してゆきたいのは「ニッチマーケットへの対応」ですね。

引用元 : あなたはスマホ派?ガラケー派? | 300万人編集会議

もちろんスマートフォンを推す人もかなりいるのは確かです。ただ、ネット媒体でのアンケートなので、普段ネットをしない人の意見は反映されていないという点を忘れてはいけません。

「スマケー」は「普通携帯(ガラケー)」の代替になるのか?

Softbankを筆頭に、Androidを搭載しているけどテンキー付きのスマートフォンを「スマケー」として登場し出しました。従来のテンキーに、メールボタンや十字キーも付いているので、その辺は普通携帯ユーザーとしては使いやすいかもしれないですが、結局スマートフォンなんですよね。


引用元 : スマケースペシャルサイト | ソフトバンクモバイル

また、Androidスマートフォンの特性はスマケーにも表れていて、「バッテリーが持たない」「動作が遅い」「誤動作をする」など悪評も目立ちます。「AQUOS PHONE THE HYBRID 007SH SoftBank」で分かりやすいレビューがありましたので、引用させて頂きたいと思います。

【ボタン操作】メールの編集中に不便を感じる。
・0(わ)の下にホームのボタンがあるので、文章の編集中に誤って押してしまうことが多々ある。「起動中のアプリ」に一時保存されないこともあるので、長文を打っていた時のダメージは大きい。
・また、送信ボタンと「絵・記・顔」ボタンが一緒なので編集中に誤って送ってしまうことがあり大変焦る。

【レスポンス】とにかく悪い。
・メールを開くのにボタンを押してから5秒ほどかかる場合が。
・文字を入力すると、しばしば遅れて表示される。
・ひどい時は打ちたい文字を打てない。(例:「う」を入力したい→「あ」を3回プッシュ→入力画面「あああ」※間をおかず連続で押しています)
・「Del」を押すが文字がなかなか消去されない。(→連打する→消え始める→連打中止→消え続ける→必要な部分まで消去される→いらいら ※操作が悪い?)
・タッチパネル操作での画面の切り替え(流れ)がカクカク
・タッチパネルが反応しない時がある

【バッテリー】スマホだから仕方ない?
・1日未使用(メール受信のみ)で70%くらいまで減る
・5、6時間使用で力尽きる
・ただし充電は早い

引用元 : 価格.com 評価

また、Webサイトの多くはHTTP_Refferer情報をもとに普通携帯かiPhoneかiPadかAndroid等かを判別しています。しかし「スマケー」ではAndroidになってしまうので、従来の携帯サイトを閲覧できなくなる可能性が高いです。

未だに携帯サイトしか受け付けていないサイトも残っている現状で、うっかり「スマケー」に乗り換えて携帯サイトが使えなくなっては、「話しが違うじゃないか!」となってしまうでしょう。

個人的見解

グローバル市場で見ればiPhone/Androidシェアがほとんどになってきていることは明らかです。しかし、国内市場を見ると、普通携帯を求めている人が多いのも事実です。だから「ガラケーに戻った」という人がたくさんいるのです。

携帯電話各社ともに悩んでいるところだと思いますが、私としてはシンプルな携帯電話「普通携帯」は残していくべきなのではないかと考えています。もしスマートフォンだけになってしまった場合、もしかしたらWillcomというPHS会社が肩を並べるほど台頭してくることも可能性としてあり得ると思っています。

スポンサーリンク

この記事が良ければ、ぜひシェアお願いします

もぐ
年齢 : 30代半ばの1児の新米パパ。ITネットワークから始まり、WEBディレクター、WEBシステム系のプロマネ、データ分析など色々やってるエンジニアです。WordPress、Webサービス構築、BIツール、IoTなどがトレンド。新しくて面白い仕事募集中。
スポンサーリンク