しばらくiPhone5&iOS6は様子見しようと思う

この記事が良ければ、ぜひシェアお願いします

たまにはガジェットネタでも書いてみようと思い、iPhoneに対する所感でも書いてみようと思います。私はコピーアンドペーストができない点でiPhoneは避けていたのですが(代わりにiPod touchを使っていました)、iPhone 3GSでコピーアンドペーストができるようになったのを機会にそれからiPhoneを愛用するようになりました。

Android端末は、PanasonicやLG、ASUSや謎の中華PADなど使ってみましたが、どれもiPhone(+iPad)を越える使い勝手の良い端末はありませんでした。Android端末はバッテリー容量が上がってもすぐ消耗してしまって、スマートフォンというか電話機としての基本部分の不安感が拭えないんですよね。「そしたらガラケーはどうなんだ」という話も上がってきますが、日本メーカー(というか実権を握っているのは通信会社だから、それも悩ましいところですが)はガラケーをちゃんと開発/製造すれば売れると思うんですけどね。

ハイテクに慣れている都心部の人は皆スマートフォンを使っているので、マスコミやIT/WEB関係者も含めてスマートフォン至上主義になっている感を受けますが、地方ではまだまだガラケーを利用しているユーザーがほとんどです。中高年層でスマートフォンに進んで変えようとする人の方が少数派ですね。

スポンサーリンク

iPhone5は魅力的だが周辺パーツにまだ不安が・・・

とは言え、iPhoneは非常に優れた端末だと思っていますので、私もiPhone4SからiPhone5へ機種変更したいと思っています。ただ、タイミングはもうちょっと先かな、という印象です。Appbankさんの記事でもありますが、純正ケーブル以外で対応しているケーブルが無いというのは、結構リスキーだと思うんですよね。

先日、iPhone 5 が発売開始となり、それを充電・同期する際に使う Lightning ケーブルにも注目が集まりました。

そして、また新たな話題が登場しています。それは「Apple 純正の Lightning ケーブルは認証チップ内蔵。チップのない他社製ケーブルは iPhone 5 で使えない」というもの。

iPhone 4S までは多種多様な Dock ケーブルが発売されており、用途に合わせて選べました。そういった選択の自由が iPhone 5 からは無くなってしまうのでしょうか?

引用元 : iPhone5用の他社製Lightningケーブルが発売されないって本当?

2ch上でも話題になっていましたが、Lightningケーブルになったことの影響って結構大きいですよね。iPhone/iPod対応のスピーカーなど数多く出ていますし、充電ケーブルやバッテリー付きカバーなど、多くの周辺機器が発売され、多くの人が利用しています。私もiPhone4S用のバッテリー付きカバーを重宝しています(かなり重くてごっついですが、2日間は充電無しで普通に使えるので便利です)

去年に新Mac miniが登場した時に、初めてLightningケーブル対応という話が強調されましたが、Lightningケーブル対応のモニタが出たのは結構後で、しかも現在の液晶モニタの主流になっている価格帯からずば抜けて高い製品でした。ビジネス寄りな考え方をする自分としては、液晶の明瞭性よりも、一般ユーザーがどのようにそのコンテンツなり画像・映像を見るときにどう見えるのかを意識した方が合理的ではないかと考えているので、モニタは普通にLED液晶のままです。

この件を踏まえて考えてみると、Lightningケーブルがサードパーティから出てくることはあるとは思うものの、しばらく時間が掛かるのではないかと思うのです。USBやHDMIであれば国際標準規格なので製造できるところは多くありますが、LightningはApple独自の規格なので、製造認可を取り付けるのにもiPhoneアプリのように審査もあるのではないでしょうか。既にLightningケーブルは品薄のようですし、30pinに変換するケーブルも結構なお値段しますよね。

iOS6のバグ(?)や地図問題をどうするか

iPhone5はサイトなど見やすく縦長になっているし、LTE対応で外での通信もサクサクなりますが、実機を触った感じではiPhone3GS→4Sに変えたときのようなワクワク感がなかったんですよね。もちろんiPhone5は近いうちに買うつもりではあるのですが、スリープ状態にしているとアプリが自動で落ちてしまうバグ(あるいは仕様?)だったり、標準地図アプリが実用性に乏しいものになっていたりと、その点を考慮すると不満が特にないiOS5.xを使っている方が良いのかな、と思ったりするのです。

まぁそのうちiOS5.xに重大なセキュリティ脆弱性が見つかりでもしたら、否が応でもアップデートせざるを得ないのですが(笑)

MacintoshがFireWireという独自規格を普及させようとした時に、ものの見事に普及しなかった過去を考えると、Lightningがその過去をまたなぞらないか不安になります。スティーブ・ジョブズ氏が逝去された今、細かい部分へのこだわりが薄れていき、それぞれが歪みを起こして最終的に凋落を向かえる、なんてのは大企業倒産の歴史を見てもあるようなものです。

Appleの時価総額を見れば、「iPhone」というのは一つの大企業のようなものと考えられます。それが今後どのようなマイルストーンを辿っていくのか、一ユーザーとしては楽しみでもあり、不安でもあるというところです。ということで、上記がクリアになりそうなのが分かったタイミングで、iPhone5&iOS6を使い始めようかなと思っています。(その頃にはiPhone5Sの噂が出ていそうですが/笑)

スポンサーリンク

この記事が良ければ、ぜひシェアお願いします

もぐ
年齢 : 30代半ばの1児の新米パパ。ITネットワークから始まり、WEBディレクター、WEBシステム系のプロマネ、データ分析など色々やってるエンジニアです。WordPress、Webサービス構築、BIツール、IoTなどがトレンド。新しくて面白い仕事募集中。
スポンサーリンク