DNSの浸透問題は現場でもある

この記事が良ければ、ぜひシェアお願いします

ドメイン名やサーバのIPアドレスを変更した場合、DNSのTTL値をどうするか、よく議論します。まあ普通に短くするものなのですが、やっぱりケアしていても幾つかのクライアントからは『見えなくなった』と言われることもあります。『DNSの伝播(と自分では呼んでいます)が遅れているから』と答えることが多いですが、自社DNSサーバのCacheをクリアしてくれるだけで解決することもあります。
そんな折りにこの記事を見つけました。

DNSの「浸透問題」は都市伝説――正しいサーバー引っ越し法を解説

詳細は読んでいただけ出ればと思いますが、相手の担当者にはなかなか伝づらいですよね。

スポンサーリンク

この記事が良ければ、ぜひシェアお願いします

もぐ
年齢 : 30代半ばの1児の新米パパ。ITネットワークから始まり、WEBディレクター、WEBシステム系のプロマネ、データ分析など色々やってるエンジニアです。WordPress、Webサービス構築、BIツール、IoTなどがトレンド。新しくて面白い仕事募集中。
スポンサーリンク