新しく始めることには利益とリスクが背中合わせ

この記事が良ければ、ぜひシェアお願いします

起業するにしても、新しく事業を立ち上げるにしても、売上や利益を拡大するために始めることがほとんどだと思います(ただし、独立行政法人やNPOは別だと思いますが)

その場合、新しいその何かの風呂敷を大きく広げすぎてしまわないように気を付けないと、リスクばかりが増えてしまうと考えています。

大企業だとチャレンジして失敗しても、「成長の糧になるからいいよ」と言われたりすることがあります。そうやって、成長の機会を与えられたりできる環境であれば良いですが、今やご時世が違います。もしチャレンジして失敗しても、規模が大きくない会社や組織にとっては死活問題になってしまいます。

新しく始める事業の潜在顧客数、見込み顧客数、市場規模を見立てるのに、ある程度「予測」が入るのは仕方ないものの、隣接する市場や似たような業界のマーケティングデータをもとに算出しないと、蓋を開けたら中身は空っぽなんてことになりかねません。

せっかく立ち上げた事業という器ばかり立派になってしまい、器の中には何も入ってこないなんてことは、大企業でもよくある話です。とりあえず勢いでスタートアップしてしまうのも、リスクばかりが大きくなってしまうと思います。

スポンサーリンク

利益とリスクは相反するものだと考える

一時期流行ったFXでもそうですが、レバレッジを効かせなければ「ローリスクローリターン」なのであまり一般人には旨みはありません。そのため、レバレッジを思いっきり効かせて「ハイリスクハイリターン」を狙って取引をしている人の話はよく雑誌やネットで見ましたが、「ハイリターン」を運良く掴めた人は良いですが、「ハイリスク」を被った人の方が多いような印象を受けます。

人間の特徴なのかもしれないですが、どうしても「ハイリターン」という魅力的な言葉に惹かれてしまって、「ハイリスク」の意識が薄れてしまうように感じます。ちなみに私も昔、株でデイトレードに近いことをやったことがありますが、ライブドアショックのおかげで非常に痛い目を見ました(笑)

基本的に、「痛い目に合うかもしれない」という覚悟を背負って利益を追い求められないと、失敗したときの落ち込むようは半端ないものがあります。それはビジネスをする上でも同じです。特に店舗型のビジネス・事業を始める場合には、金額の大きな初期投資が必要なので、後に引けなくなってしまうことになってしまいます。軌道に乗らない時になって、「ハイリスク」という言葉がのし掛かってくるのですが、それでは後の祭りです。

覚悟と投資をする勇気が必要

ビジネス・事業を軌道に乗せるためには、それを始めることの覚悟がないと途中で心が折れてしまうと思います。また、軌道に乗せるために、色々な事業投資をする勇気も必要です。楽してノーリスクで簡単に利益を得られるほど、世の中甘くないと思っています。

「お客さんがたくさん欲しい」「もっと楽に集客できないか」と考えても、事業計画やマーケティングが不充分だと上手く行かない方が多いと感じます。この辺の力の入れようは実際に経験してみないと分からない部分がありますが、それを経験した人から話を聞くのが一番分かりやすいのだと思います。

何か新しく行動をするための第一歩を踏み出すためには、どんな人間でも覚悟と勇気が必要です。その裏にはリスクが潜んでいるので、どんなリスクがあるのかを事前に想定しリスクヘッジしておくことで、安心を得ることができると思います。そのための行動を起こすことも、覚悟と勇気が必要なのではないでしょうか。

スポンサーリンク

この記事が良ければ、ぜひシェアお願いします

もぐ
年齢 : 30代半ばの1児の新米パパ。ITネットワークから始まり、WEBディレクター、WEBシステム系のプロマネ、データ分析など色々やってるエンジニアです。WordPress、Webサービス構築、BIツール、IoTなどがトレンド。新しくて面白い仕事募集中。
スポンサーリンク