Googleと仲良くなるだけでもSEO効果がある

この記事が良ければ、ぜひシェアお願いします

これまで幾つかサイトを作って検索順位の検証をしていた中で、気付いたことがあります。

割とSEO対策としては当たり前とされる方法ではあるのですが、『予想以上に効果があるのではないか』です。

それは『Googleと仲良くなる』ということです。

ちなみに、Googleの中の人と知り合って懇意になるという意味ではありません。Googleのサービスを最大限利用するということです。

Google検索が主流になった今

Yahoo!JAPANが、独自検索エンジンを捨てて(いるかは定かではありませんが)、Google検索に乗り換えたことで、リスティングなどを除き日本の検索は、Google検索がほぼシェアを抑えていると言っていいでしょう。

Beingや百度、NAVERなども検索エンジンとして努力されていますが、まだまだ利用頻度もインデックスも少ないと言える状況にありますし、検索結果もオプティマイズするという点ではGoogleの技術力は抜きんでていると考えます。

そんな状況で、Googleが提供しているWeb系サービスをサイトに導入しない手はないのですが、私はこれがかなりSEOにも有効な手段と考えています。

以前構築したサイトになかなか人が集まらないと思っていたところ、ケアレスミスなのですがGoogleウェブマスターへの登録を忘れてしまっていました。すると数日のうちにアクセスが倍々ゲームで増えていったのです。

もちろんSEOは即効性があるものではないとは言いますが、この基本的なところは外してはいけないものだと考えています。でなければ、1週間も立たないうちにオーガニック検索での流入なんてされるわけないですから。

利用&連携しておいた方が良いGoogleサービス

Webサイトを運営していく上で、下記のGoogleサービスは検索順位を上げるために非常に有効な手段だと私は考えます。常に検索エンジンはアップデートを重ねているので、時間が経てばこれも常識ではなくなるかもしれませんが、私の経験上効果はあると感じています。

最低限入れておくべきで効果大

  • Google Analytics
  • Googleウェブマスターツール

今はAnalyticsとウェブマスターツールが連携するようになったので、認証ファイルを置かずとも紐付けられるようになり便利になりました。

ウェブマスターツールは、違反していないかどうか知るだけでなく、検索クエリの表示回数やクリック数も細かく教えてくれるので、そのサイトで目標としているターゲットユーザに合致しているかどうかを予測することができます。





CTRが高いページがどれかも示してくれるので、アクセス解析する上でも非常に参考になります。

Google社は公式にこのようにアナウンスしている。
「Google ウェブマスターツールは、あなたのウェブサイトとGoogle の相性を簡単に高めることができるツールです。」
実際に、これを活用することでSEOのみならずユーザーへの利便性を高めることができるツールだ。
私はGoogle Analyticsも重要なのだがAnalyticsを日々丹念に見るよりも、ウェブマスターツールを毎日サラッと見たほうがいいと考えている。

引用元 : Googleウェブマスターツールは基本だ

資金に余裕がある場合

  • Google Adwords

Google Adwordsは、なかなか個人でうまく使うのは資金的にも難しいとは思うものの、キーワードのリサーチやどういうワードであればコンバージョンに結び付きやすいか、その検討材料にも為るわけです。

僕自身もいろんな SEO ツールを使ってきましたが、AdWords こそ最も有益な SEO ツールなのではないかと思うのです。

一般的に AdWords は、サイトの集客数をアップさせるためのツールと捉えられています。(稀に、ブランディング効果を期待して、イメージ広告の一環で AdWords を利用するユーザーもいますが…)

もう少し頭を柔らかくして、SEO ツールとしての利用法を考えた時に、いかに AdWords が有益なツールであるかを、いろんな角度から紹介したいと思います

引用元 : AdWords は最も有益な SEO ツール!?

パンダアップデートにより微妙な立ち位置

  • Google Adsense

Google自体が広告で主に収益を上げているので、立ち位置が微妙なものの、あまりに広告をペタペタ貼っているサイトは評価を下げる可能性が高いです。とは言え、Google Adsenseを載せることはGoogleの売上に貢献していることにもなるので、適切な貼り方であれば評価が上がることはあっても、下がることはないと考えます。

適切なGoogle Adsenseの載せ方については、先日投稿した記事『Google Adsenseの公式ガイドブックが分かりやすい』をご参照ください。

グーグルは過度の広告掲載を阻止するアルゴリズムを導入したと発表した。ページの上半分の何%(日本語)を広告に当てることが出来るのかに関しては明言を避けているが、ブラウザのプレビューツールの利用を推奨している。グーグル.comの検索結果でこのツールを利用すれば、当然ながらスパムサイトと評価されるはずである。いずれにせよ、グーグルはパンダを回避した小規模なアドセンスのウェブマスター達に先制攻撃を与えた可能性はある。

引用元 : Googleのページレイアウト・アルゴリズムとアドセンスの不思議な関係

Written by Info Architecture

スポンサーリンク

この記事が良ければ、ぜひシェアお願いします

もぐ
年齢 : 30代半ばの1児の新米パパ。ITネットワークから始まり、WEBディレクター、WEBシステム系のプロマネ、データ分析など色々やってるエンジニアです。WordPress、Webサービス構築、BIツール、IoTなどがトレンド。新しくて面白い仕事募集中。
スポンサーリンク