SEO/SEMの専門家になるためのスキルセットとは

この記事が良ければ、ぜひシェアお願いします

たまたま眠れない日々が続いていたので、SEOに関する記事を色々と読んで知識を得ていたのですが、意外と知らずにうっかりやってしまっていたことがあることを知りました。SEO/SEMはかなり求められる知識/スキルが幅広いので、一筋縄ではいかないということが身に染みてわかりました(^^;

Googleウェブマスター向け公式ブログを見ると、検索エンジンは日々改良を加えられているようで、あからさまな被リンク増やしだったり、外部リンクを貼る時に『rel=”nofollow”』を入れることでその先のサイトは関連性はないことを示したり、広告はそもそもクロール対象としては見ていない、明らかな他サイトとの同一コンテンツがあるサイトは価値を下げるなど、見ていてとても勉強になりました。

色々と記事を見ていると、あるSEOコンサルタントさんのブログが目に留まりました。読んでいると、「そ、そんなにSEOを熟知するためには学ばなければいけないことが多いのか・・・!?」と驚きました。大手の企業にいると、仕事をする上では限られた領域を中心にやることが多いので、幅広くやることは難しいので、ある意味専門家になるには『全部自分でやる!』くらいの経験が求められるかもしれないなと思いました。その記事をもとに考察をしてみたいと思います。

引用元 : SEOのスキルセット/あるいはSEO業界へのお誘い | webweb

SEO/SEMに求められるスキルとは

私自身、WEBディレクターと言うと微妙で、WEBデザインやマークアップのコーディング、システムのアーキテクチャやインフラ、メール、アプリケーション開発、プロジェクトマネジメントなど幅広くやっていますが、まだまだ全然分からないことが多いと感じています。もちろん、SEOやアクセス解析もやりますが、深く知見を持っているわけではありません。辻さんのブログでは冒頭こう書いてあります。

SEOの専門家(人工リンク中心ではない)、特に高いレベルのお客様にSEOを提供する側になるには、検索と検索行動、検索エンジン周りの知識は当然の事として、Webデザイン、HTMLコーディング、ユーザビリティ等のWeb制作に関わる広い知識が必要になります。

Web制作上の知識が無くてSEO観点でのサイト改善を提案できるはずがありません。
SEOは、Web制作の方が作られたWebサイトを変更するアドバイスが主な仕事です。すべてのWebサイトの構成要素には意図があります。その意図を理解せず変更を提案してもほとんどが無駄になってしまいます。

『セマンティックなHTML』でも書きましたが、HTML/XHTMLとCSSが分離しているのには訳があって、SEO/SEM的にはHTML/XHTMLの作法みたいなものを当然のようにできないといけません。ただ文字を並べるだけだと、検索エンジンには理解してもらえないからです。

これは個人的な見解なのですが、最近はソーシャルメディアを活用したマーケティングが流行っていますが(SMOなんて言うんですね)、ソーシャルは爆発力があるものの、安定した流入やコンバージョンが期待できるものではないと思っています。ブログを運営していて、安定的に流入を維持する/増やしていくには、オーガニック検索は重要だと考えています。そのためには、やはり”人の役に立つ情報”をいかに沢山持っているか、”情報を見やすく理解しやすく整理されているか”が大切だと思います。

具体的なスキルとは

では、具体的にどのようなスキルが求められるのか?辻さんの説明にあった内容を転載させてもらうと、かなり幅広くなっています。


列挙していくとこんな感じになります。

  • 『検索エンジン』の知識
  • キーワードマーケティング
  • IA
  • Webプログラミング
  • NLP
  • 『検索』の知識
  • セマンテックウェブ
  • UX
  • ソーシャルメディア対応
  • ユーザビリティ
  • アクセス解析
  • 各デバイスの知識
  • セキュリティ
  • Webデザイン
  • 情報分類
  • コンテンツ制作
  • LPO
  • HTML/CSS
  • リスティング広告
  • アクセシビリティ
  • バズマーケティング
  • データマイニング
  • その他マーケティング
  • 映像
  • 営業
  • テキストライティング

「おーNLP(神経言語プログラミング)もあったかぁ!」と自分でも驚きました(笑)IA(Web情報アーキテクチャ)やUX(ユーザー・エクスペリエンス)は、周りにも専門的にやっている人がいないので、この辺はまだまだ知る必要があるなと思いました。ただ、全てを熟知するのはさすがに難しいので、「ならSEO/SEMの専門家になるのはいいやぁ」とは思わない方が良さそうです。辻さんも下記のように言っています。

コーディング専任、デザイン専任のように分業できるような良い環境ではなく、営業から制作、プログラミングまで幅広い領域を一人でやってきたような人が数年で身につけるスキルは、そのままSEOの実務で必要なものばかりです。
このような方が、数社のしっかりしたSEO会社で「検索エンジンの考え方」「ユーザの検索行動」を本格的に学べたならば、SEOの専門家は非常に近いものになるでしょう。

目の前の仕事に専念してしまうと、そればかりになってしまい他のことに目がいなかくなってしまう場合もあると思います。私も仕事のことで頭がいっぱいになってからは、勉強というものをほとんどしなくなっていました。ただ、色んな知識/スキルが組み合わさることでより新たな知恵が生まれることもあるので、楽しんで精進していきたいですね!

スポンサーリンク

この記事が良ければ、ぜひシェアお願いします

もぐ
年齢 : 30代半ばの1児の新米パパ。ITネットワークから始まり、WEBディレクター、WEBシステム系のプロマネ、データ分析など色々やってるエンジニアです。WordPress、Webサービス構築、BIツール、IoTなどがトレンド。新しくて面白い仕事募集中。
スポンサーリンク