Yahoo!リスティング広告とGoogle AdWordsの先にいるユーザーの違い

この記事が良ければ、ぜひシェアお願いします

Yahoo!リスティング広告とGoogle AdWordsの両方を運用している中で、やはりYahoo!JAPANユーザーとGoogleユーザーの違いというものが見えて来ます。同じ「リスティング広告」と一括りにしてしまうと分かりにくくなってしまうのですが、同じ広告文・同じリンク先・同じキーワードで設定してもImp数もクリック数も大きく違って来るんですよね。

以前からYahoo!JAPNユーザーとGoogleユーザーの違いは話題になっていました。「ホームページを見る人のネタ帳」さんの過去記事によるとこのように分析されています。

■Yahooユーザーのクリック傾向
・一番大きなバナー画像
・セールというテキストを含むリンク
・テキストが書かれているつやのある画像ボタン

■Googleユーザーのクリック傾向
・セールというテキストを含む画像
・ランキングというテキストを含むリンク
・商品の画像

引用元 : YahooとGoogleからの訪問ユーザーの違いと特性

この傾向だと心理的な特徴になるとは思うのですが、私はもう少し深掘りしてみると面白いのではないかと思いました。なぜかというと、幾つか種類の異なるサイトを運営していると、Yahoo!JAPANユーザーとGoogleユーザーの行動経済学的な関連での違いが見えてくると思ったのです。

スポンサーリンク

そのユーザーの個性を検索エンジンを使い分け、捉えてあげる

私が最近「あれ?」と思ったことなので、リスティング広告について未熟な点があるからかとは思うものの、Yahoo!リスティング広告の方がCPCが良くなる傾向になるので、Yahoo!リスティング広告を使うことが多いです。但し、Google AdWordsも使っています。その中で、Google AdWordsの実績をもとにYahoo!リスティング広告に掲載すると、予想以上に効果が悪いことがあるのです。

日々機能が増えているGoogle Analyticsでは、セカンダリディメンションを追加してのレポーティングができるようになっているので、例えば「参照元がどこで」「どのようなオペレーティングシステム」「どのようなブラウザ」からアクセスされているかを簡単に見ることできます。みなさんご存じの通り、参照元はYahoo!JAPANが一番で、ブラウザがInternetExplorerが一番なのは割と定石です。

ちなみに当サイトは、Windowsユーザーが一番多いものの、参照元はGoogleが一番で、ブラウザもChromeやFirefox、スマートフォンからのアクセスも多いです。技術系はこういう傾向にありそうです。

とはいえ、こういうのは統計的にも分かってるし「そういうものだし仕方ないよね」と自己完結させてしまうのは、まだ早い気がします。なぜなら・・・

取りこぼしているユーザーがたくさんいることに気付いていないからです。

業種・業態によっては、ユーザーの傾向があるのは間違いありません。しかし、そういったユーザーにリーチするために施策を打つこと決して無駄ではないのでしょうか。アパレルと一緒でトレンドは日々変化しています。WEBでもそういったトレンドを自助努力で変えることができるのではないでしょか。

私ももう少しデータが集まってから傾向を出し、その後の打ち手が考えていきたいと思いますが、逆転の発想や行動経済学という前提を、マーケッターとして忘れてはいけないのではないかと思っています。

Written by Info Architecture

スポンサーリンク

この記事が良ければ、ぜひシェアお願いします

もぐ
年齢 : 30代半ばの1児の新米パパ。ITネットワークから始まり、WEBディレクター、WEBシステム系のプロマネ、データ分析など色々やってるエンジニアです。WordPress、Webサービス構築、BIツール、IoTなどがトレンド。新しくて面白い仕事募集中。
スポンサーリンク