『コンプガチャは景表法違反』消費者庁が正式見解

この記事が良ければ、ぜひシェアお願いします

ついに消費者庁が正式に『コンプガチャ』に対しての正式見解を出しましたね。

まぁ読売新聞があれだけ切り込んでいったので、”違反”であろうなということは割と見えていたことではありますが、今回の見解では「絵合わせ」が違反しているとのことでした。射倖性を煽りすぎることに対しては、どうなるのか、気になるところではありますが。

消費者庁は18日、いわゆる「コンプガチャ(コンプリートガチャ)」と呼ばれるソーシャルゲームのアイテム販売の手法について、景品表示法に基づく告示で禁止されている「カード合わせ」に該当するという正式な見解を示した。消費者庁では、この見解を明確にするため運用基準を7月1日に改正する予定だ。7月1日以降は、コンプガチャを提供している事業者に対して行政処分などを検討していくとしている。
~~~
景品表示法では、「景品類」を、1)取り引きに顧客を誘引するための手段として、2)取り引きに付随して提供されるもので、3)金銭その他の経済上の利益にあたるもの――と定義している。景品類の提供方法については、原則として景品類の最高額や総額によって制限しているが、複数の種類のカードなどをすべて集めることで景品類を提供する「カード合わせ」の手法については、金額などによらず全面禁止している。

消費者庁では、コンプガチャで提供されるアイテムなどは、有料のガチャという取り引きに顧客を誘引し、取り引きに付随して提供されるものであると説明。また、提供されるアイテムは、消費者が何らかの便益などの提供を受けることができるもので、その獲得に相当の費用をかけるといった消費者の実態から見て「経済上の利益」にあたるとした。

こうしたことから、コンプガチャで提供されるアイテムは景品表示法の「景品類」に該当し、コンプガチャの仕組みはユーザーが特定の種類を揃える必要があることから、景品表示法に基づく懸賞商品制限告示第5項で禁止されている「カード合わせ」に該当するものだとする判断を示した。

引用元 : コンプガチャは景表法違反、消費者庁が正式見解

個人的には、「確率操作をしている件」とか「射幸心を煽りすぎている件」とか、その辺も調査を進めるべきではないかと思っているのですが、なんか腰が重いような気がするんですよね。

あと、不思議なことにこの件に関する報道以降、「CMを自粛するのかなぁ」なんて思っていたのですが、普通にGREEやモバゲーのCMが流れていてビックリしました。

スポンサーリンク

この記事が良ければ、ぜひシェアお願いします

もぐ
年齢 : 30代半ばの1児の新米パパ。ITネットワークから始まり、WEBディレクター、WEBシステム系のプロマネ、データ分析など色々やってるエンジニアです。WordPress、Webサービス構築、BIツール、IoTなどがトレンド。新しくて面白い仕事募集中。
スポンサーリンク