第5回AKB48総選挙結果から見えるお金の動きがすごい

この記事が良ければ、ぜひシェアお願いします

フジテレビでも特番で組まれ、日産スタジアムで行われた先日の第5回AKB総選挙は巷でも話題になっていましたね。翌日のスポーツ新聞も指原さんの1位に一面を飾るほどの話題っぷりでした。個人的にも、写真騒動で博多に左遷になったはずの指原さんがなぜ1位に・・・?と思う節はあるものの、衰えることを知らず勢いを増すAKB48総選挙には驚きでした。

第5回AKB48選抜総選挙の総投票数が、倍増したことが開票イベントが行われたこの日、分かった。イベント後、運営側が264万6847票と発表。第4回の、138万4122票から飛躍的な伸びを見せた。64位SKE48中西優香で1万1602票を獲得。昨年64位AKB48小森美果が獲得した5398票の2倍以上だった。

引用元 : <第5回AKB48選抜総選挙>◇8日◇日産スタジアム

前回の138万票から、今回は倍近い264万票もの数が今回の総選挙に費やされているのは非常に凄いことだと思います。しかも、投票権はCDの特典として付いている訳ですから、「さよならクロール」の標準価格で計算すると、

なんと42億3495万5200円もの

投票が行われていた計算になります。おそろしい経済効果をもたらしていますね、恐るべしAKB48グループ。

その反動でCD「さよならクロール」が1円でも売れないと、もはやバナナのたたき売り状態を通り越して円盤投げして遊ぶしかなくなっている状況も、それはそれで問題だとは思いますが・・・(笑い)

また、投票券を抜いたあとのCDも『ヤフオク』や『Amazonマーケットプレイス』に多数出品されているようだ。投票券等の特典を抜いただけでほぼ新品であるが価格は1円。送料がかかることもあり、その1円でもほとんど売れてない模様である。

引用元 : 1円でも売れない!? AKB48『さよならクロール』が投げ売り状態

そんな中、果たして上位のメンバーである選抜組はこの総得票金額の中でどのくらいを占めているのか、調べてみた。すると選抜メンバーの凄さが改めて浮き彫りになりました。

順位 名前 得票数 CD金額換算
第1位 指原 莉乃 150,570 240,912,000.0
第2位 大島 優子 136,503 218,404,800.0
第3位 渡辺 麻友 101,210 161,936,000.0
第4位 柏木 由紀 96,905 155,048,000.0
第5位 篠田 麻里子 92,599 148,158,400.0
第6位 松井 珠理奈 77,170 123,472,000.0
第7位 松井 玲奈 73,173 117,076,800.0
第8位 高橋 みなみ 68,681 109,889,600.0
第9位 小嶋 陽菜 67,424 107,878,400.0
第10位 宮澤 佐江 65,867 105,387,200.0
第11位 板野 友美 63,547 101,675,200.0
第12位 島崎 遥香 57,275 91,640,000.0
第13位 横山 由依 53,903 86,244,800.0
第14位 山本 彩 51,793 82,868,800.0
第15位 渡辺 美優紀 44,116 70,585,600.0
第16位 須田 亜香里 43,252 69,203,200.0


上位11位までのメンバーが1億円以上の得票数を得ており、全員を合計すると約20億円分。上位16人だけで総得票数の半分近くを占めていることになります。ここまで熱狂的なファンがいるのは話題にはなっているものの、どこまで私財をうって推しメンを応援するのか、その心情が非常に気になるところではあります。

スポンサーリンク

この記事が良ければ、ぜひシェアお願いします

もぐ
年齢 : 30代半ばの1児の新米パパ。ITネットワークから始まり、WEBディレクター、WEBシステム系のプロマネ、データ分析など色々やってるエンジニアです。WordPress、Webサービス構築、BIツール、IoTなどがトレンド。新しくて面白い仕事募集中。
スポンサーリンク