iPadにPDFファイルをiTunesで簡単に転送する方法

この記事が良ければ、ぜひシェアお願いします

家に大量にあった本を裁断して、ScanSnapで全て取り込んでPDF化したのは良いものの、iPadにどう取り込めば良いのかずっと試行錯誤していました。

この辺はAndroidタブレットだとSDHCカードに入れて読み込ませれば良いので楽なのですが、iPadだとストレージとして認識してくれないので面倒なんですよね。

本を電子書籍化して読むのであれば、「GoodReaderかi文庫HDだな」と思ってそのアプリの中にどうPDFを取り込むのか、アプリ内の機能を使い試行錯誤していたのですが、「GoodReaderだとFTPサーバ機能があるのでそれを使ってFTP転送すればいいや」と思ってやってみました。

想像以上に時間の掛かるiPadへのFTP転送

FTP転送しても数メガbpsくらいだったので、30GBくらいあるPDFたちを転送するには結構な時間が掛かりました。しかも面倒くさい・・・フォルダ分けとか上手くできない・・・。

そこで、「じゃあ、オンラインストレージにファイルを置いておいて、読みたいと思った時にダウンロードして読めばいいじゃん!i文庫HDならオンラインストレージやWebDAVにも対応してるし!」と思いつきました。

ただ、30GBほどのオンラインストレージって、たいがい有料ですよねorz しかも、本を読みたい時に限ってWi-fiが使えない環境にあったりするんですよね・・・。ついでに言うと、昨今騒がれていた著作権法云々の話があるので、プライベート環境とは言えオンライン上に置くのはどうなのかしら・・・とか思ったり。

そんなことを考えていたある時、某国内ノートPCがあまりに使いづらいので、Acer ASPIRE 3830T(この機種はバッテリーの持ちが長く、USB3.0も1機付いてて6万円弱と最強です。でも、なぜか青しかありませんが、個人的には色は好きなのでアリです。ちなみに3820Tも持っていますが、使いづらいキーボードがちゃんと解消されていますw)を購入するための手続きをしているときに、店員さんと雑談をしていた時に、「あぁ、それ普通にUSBで転送できますよ」と言われて愕然としてしまいましたw

iTunesを使ってiPadのアプリ内にドキュメントを転送する

ライブラリとしてPDFを登録すればいいのかなぁと思って試行錯誤していたら、iPadのアプリ内の下の方にAppが幾つか並んでいて、書類が取り込めそうな雰囲気になってるじゃないですか!

しかも、書類が取り込めるAppはiTunes側でどれが適応しているか認識しているようで、GoodReaderやi文庫HDが表示されていました。「おぉ、これで簡単にUSB転送できる!」と感動しました。(USB2.0の規格だと480Mbpsなのでサクサクですよね)


「出来ればフォルダ構成も維持したまま転送したいなぁ」と思って調べていたら、フォルダを『.pkg』の拡張子にすればフォルダ構成も認識してくれますという記述をしているサイトを幾つか見かけたのですが、それはMacの場合ですよねorz

Windowsの場合はどうしたら良いかなぁと思っていたら、「zip圧縮してやればいけまっせ」という記述を発見!試しにやってみたのですが、もともとでかいファイル容量のもの圧縮するのに時間が掛かる・・・。

Windowsの場合はどうしたら良いかなぁと思っていたら、「zip圧縮してやればいけまっせ」という記述を発見!試しにやってみたのですが、もともとでかいファイル容量のもの圧縮するのに時間が掛かるorz

それでもUSBでiPadにPDFファイルを取り込む方法が自分の中で確立できたので、良かったです。もしお困りの方がいましたら、ご参考までにどうぞ。

iPadとAndroidタブレット、電子書籍リーダーとしてどちらに優位性があるか

もともと電子書籍リーダーとしてAndroidタブレットも買ったのですが、バッテリーの減りが速すぎてリーダーとしては自分は満足できませんでした・・・。使って無くても数日でバッテリー0になっていたりしまして。

もともと電子書籍リーダーとしてAndroidタブレットも買ったのですが、バッテリーの減りが速すぎてリーダーとしては自分は満足できませんでした・・・。使って無くても数日でバッテリー0になっていたりしまして。

スポンサーリンク

この記事が良ければ、ぜひシェアお願いします

もぐ
年齢 : 30代半ばの1児の新米パパ。ITネットワークから始まり、WEBディレクター、WEBシステム系のプロマネ、データ分析など色々やってるエンジニアです。WordPress、Webサービス構築、BIツール、IoTなどがトレンド。新しくて面白い仕事募集中。
スポンサーリンク