経団連に加盟している企業って何なんだ!?

この記事が良ければ、ぜひシェアお願いします

日本の経済界(というか、日本の大企業のご意見番みたい)で影響力があるのが、通称『経団連』正式名称『日本経済団体連合会』ですよね。一般人の感覚で言うと、「大企業のほとんどは入っているのかなぁ~?」みたいな印象を受けるのですが、約1500組織くらいの連合会だったことを知りました。一般社団法人だったんですね。

「経団連とは」というページがあったので、一部を転載させて頂きたいと思います。

日本経済団体連合会は、わが国の代表的な企業1,292社、製造業やサービス業等の主要な業種別全国団体128団体、地方別経済団体47団体などから構成されています(いずれも2012年2月21日現在)。

その使命は、総合経済団体として、企業と企業を支える個人や地域の活力を引き出し、我が国経済の自律的な発展と国民生活の向上に寄与することにあります。

このために、経済界が直面する内外の広範な重要課題について、経済界の意見を取りまとめ、着実かつ迅速な実現を働きかけています。同時に、政治、行政、労働組合、市民を含む幅広い関係者との対話を進めています。さらに、会員企業に対し「企業行動憲章」の遵守を働きかけ、企業への信頼の確立に努めるとともに、各国の政府・経済団体ならびに国際機関との対話を通じて、国際的な問題の解決と諸外国との経済関係の緊密化を図っています。

引用元 : 経団連とは | 経団連

もともとは、『日経連』と『経団連』が統合して2002年に『日本経済団体連合会』となったようなので、歴史は深そうで実は浅かったということですね。なぜここで『経団連』が気になったのかと言うと、下記の記事を見て疑問に思ったからです。あとは、楽天の三木谷氏が脱退をTwitterでわざわざ表明したこともあり、気になっていたからです。

参照元 : 大飯原発の再稼働、経団連会長「ステップ踏んでいる」と評価

現在の会長は、住友化学の会長でもあられる「米倉 弘昌」氏ですが、副会長は17人もいます。名だたる企業の会長・社長・相談役が名を連ねていますが、そんなにいるのかは謎です。また、電気を一番消費しているはずの機械業界の会社の社長もいるのに、東電値上げについて言及していないのが気になったのです。

下記は2011年2月の電力需要実績速報のPDFです。

参考元 : http://www.fepc.or.jp/news/__icsFiles/afieldfile/2011/03/18/sokuho0318.pdf

経団連に加盟している企業はネットでは非公表

じゃあ、経団連に加盟している企業はどんな企業がいるのか?気になったのですが、情報はどこにもありません。同じように疑問に思った、OKWaveに質問をしている人がいますが、どうやら直接名簿を見ることはできるものの、メモや記録を取ることは禁じられているようです。「なぜ?」と思いますが、一般社団法人だからそういう不条理も通じるのかと思ってしまいました。

参考元 : 経団連に加盟している企業はどのように調べたらよいですか?

経団連に加盟すると報告する企業はネットでも見つけられますが、一覧はやはり直接名簿を見ないといけないようですね。でも、メモすらいけないというのは何か合点がいきません。ちなみに、楽天は脱退しましたが、Google日本法人は加盟しているようですね。

参考元  google日本法人が経団連に加盟!日本経済をバックにアジア諸国の開拓目指す

経団連と一線画す「生団連」加盟550団体に急増

経団連は重長厚大型の大企業が加盟していますが、重長厚大型とは反する百貨店やスーパー、食品メーカーなど消費者と関わりの深い業界団体や企業、消費者団体で組織する「国民生活産業・消費者団体連合会(通称:生団連(せいだんれん)」への加盟団体が増えているようです。

経団連と一線画す「生団連」 加盟550団体に急増

東京電力の電気料金値上げに「やむを得ない」と経団連が理解を示したのに対し、生団連は清水会長名で「生活者や企業に安易に負担を強いることは到底容認できない」との談話を出し、まず東電の経営合理化が必要と指摘したようです。そりゃそうですよね、小売りや食品メーカーだって電気を多く使う訳であるし、明確な根拠のない値上げに容認することはできないと思います。

そういう意味では、問題を問題とちゃんと指摘できる「生団連」勢力がどう伸びてくるか、注目なところだと感じます。また、会長であるライフ・コーポレーション会長の清水氏のインタビュー記事がこちらに掲載されているので、ご参考までに。

国民生活産業・消費者団体連合会(生団連)会長(ライフコーポレーション会長)清水信次 行革の公約実現が最優先 急な消費増税には反対だ

スポンサーリンク

この記事が良ければ、ぜひシェアお願いします

もぐ
年齢 : 30代半ばの1児の新米パパ。ITネットワークから始まり、WEBディレクター、WEBシステム系のプロマネ、データ分析など色々やってるエンジニアです。WordPress、Webサービス構築、BIツール、IoTなどがトレンド。新しくて面白い仕事募集中。
スポンサーリンク