メディア・リテラシーの低い人がネットに流れ込んできている

この記事が良ければ、ぜひシェアお願いします

極東ブログさんの記事を読んでいて、「やっぱりそうかもしれない」と確信が持ててきたので投稿したいと思います。

先日、『某オークション取引から見る『最近の日本人のゆとりボケ』ぃゃ・・・ 』という記事を投稿させてもらいましたが、『ゆとりボケ』なんて言葉で片付けてはいけない問題が起きているんだと感じるようになりました。

それは、「メディアリテラシーの低い人間がネットに大量に流入してきた」ということです。

極東ブログさんではこのように始まっていますので、引用させてもらいます。

まあ、話題の虚構新聞の「橋下市長、市内の小中学生にツイッターを義務化」について、私も結局釣られるということなんだが、ネットでは話題といっても知らない人もいるだろうと思うので、概略から、で。
試しに、グーグルニュースでこの件を検索したらエックスドロイドというサイトの「「虚構新聞に怒る人はバカ」とひろゆき氏が断言」という記事があって、ざっと読んだら、それがわかりやすいように思えたので、概要の代わりに引用。

引用元 : ブログはどこまで嘘をついていいのか | 極東ブログ

ということで、エックスドロイドさんのサイトの記事を一部引用させて頂きます。

現実の事件や出来事のパロディ記事を配信するジョークサイトとして有名なのが「虚構新聞」。個人サイトとは思えないPVを叩きだしており、一昨年に今までのネタを集めた単行本『号外!!虚構新聞』(笠倉出版社)が発売されるほどの人気サイトだ。
~~~
5月14日、同サイトが「橋下市長、市内の小中学生にツイッターを義務化」という記事を公開すると、これがTwitterなどで爆発的に拡散。ウソ 記事であったことが判明すると、釣られた人々が「混乱させられて迷惑」「デマを流しているのと同じ」などと虚構新聞に怒りをぶつける事態となった。
この事態を受けて、虚構新聞はTwitterアカウントで「現実にありえないことをお伝えするのが本紙のポリシーですが、今回非常に多くの方から 『橋下氏ならやりかねない』と思われたのが最大の誤算でした。今後はもっと現実離れした虚構報道を心がけます。申し訳ありませんでした」と謝罪。特に実害 があるようなウソ記事ではなかったが、初めて謝罪をする事態となったことで虚構新聞や他のジョークサイトの在り方にまで議論が発展している。

引用元 : 「虚構新聞に怒る人はバカ」とひろゆき氏が断言 | EXドロイド

『虚構新聞』はネットに浸かっている人には分かるサイトですが、ジョークというか、虚構を新聞のように配信しているジョークサイトです。分かっている人には分かるのですが、読み取る力がない人にはうっかり”本当の新聞”のように勘違いしてしまうようです。

私としては、『虚構新聞』って見ただけで「なんかあやしいなこのサイト」って思って、どこが運営しているのかとかWikipediaの情報を調べたりするんですが、どうやらこの内容を真に受けて本当の記事だと信じ込んでしまった人が大量にいるようですね。

このことからも、ネット世界というか、ネット社会に”メディアリテラシー”の低い人が大量に表れてきていることが推測できます。原因は2つだと考えていて、1つは「TwitterやFacebookなどのソーシャルメディアが普及したこと」と、「スマートフォンが一般の人に広く普及したこと」だと思っています。

そもそもメディアリテラシーとは

教育という学問/職業に携わった人ならご存じかと思いますが、”リテラシー”とは「書き言葉を正しく読んだり書いたりできる能力。何らかの表現されたものを、適切に理解・解釈し、分析し、また記述・表現する能力」のことを指します。

そこから派生したのが”メディア・リテラシー”なのですが、「情報メディアを主体的に読み解いて必要な情報を引き出し、その真偽を見抜き、活用する能力のこと」を指します。「情報を評価・識別する能力」とも言えます。

人によっては、”情報リテラシー”や”ITリテラシー”と言ったりもしますが、ここでは”メディア・リテラシー”で統一したいと思います。

つまり、『その情報が嘘か真か判断し、必要に応じて次の行動を取る力』ということです。

諜報という意味での”インテリジェンス”と似ていると思う方もいるかもしれませんが、”インテリジェンス”はどちらかというと諜報活動での知能を指すことが一般的なので、今回は横に置いておきたいと思います。

もし”メディア・リテラシー”が高ければ、虚構新聞の存在を知らなかったとしても、虚構新聞に書かれている内容を「この記事に書かれていることはちょっと現実離れしてるぞ。なんかおかしくないか?・・・・あぁ、これはジョークサイトなのか」と判断することができるのですが、”メディア・リテラシー”が低いとそのまま鵜呑みにしてしまい、本当のことだと勘違いしてしまいます。

それが今回の騒ぎの根源だと私は考えています。(普通に考えて、橋本市長がTwitter義務化なんて言う訳ないでしょう)

なぜメディア・リテラシーが低い人が増えたのか

もともと大概の日本人は『情報を疑うこと』を悪と教えられてきているのではないでしょうか。教科書も全て真実だと”丸暗記”することが一般的です。(もちろん、真実がほとんどだと思っていますが)

元外務相官僚で現ジャーナリストの佐藤優氏の著書『この国を動かす者へ』の中で、評論家の立花隆氏とのやりとりをこう記しています。

立花 週刊誌の俗悪な記事を沢山読んでいる人の方が、知恵がつくんですよ。
佐藤 俗悪な部分をすべて捨象して、上澄みだけでできているのが今の公務員試験ですよ。俗悪な部分も問題にすればいいんですけどね。
立花 人間のダークサイドに関する情報が、現代の教養教育に決定的に欠けていますよね。この社会には、人を脅したり、騙したりするテクニックが沢山ある。それは年々発達しているから、警戒感をもって、自己防衛しないと、簡単に餌食になってしまう。虚偽とは何か、諭弁とは何かについて学んでおくべきですね。

引用元 : 『この国を動かす者へ」P.11~12

これと掛け合わせて、先述した原因2つが理由となってきます。

  • TwitterやFacebookが一般的になりすぎたせいで、信頼(しているかどうかはさておき、繋がってはいますよね)している人からの情報をそのまま鵜呑みにしてしまう。
  • スマートフォンだと画面サイズの問題から、一度に閲覧できる情報が限られているので真偽を定めることができない。

このようにして、ネット社会にもメディア・リテラシーが低い人が流れてきているのではないでしょうか。

もとを探っていくと、日本人の文化だったり教育基本方針に繋がっていくのかもしれないですが、単に思考停止した人が増えているということも考えられます。

私はオフィスで、パソコンが自席にあるにも関わらず、検索して調べずに質問を受けていたことがあります。丁寧な言葉で言えば「詳しくはWebへ」、悪い言葉で言えば「ググれカス」ということです(笑)

そもそもの原因を探ろうとするのはまた別の機会にしようと思いますが、メディア・リテラシーが低下していることは間違いないと考えます。メディア自体の質についてもまた別の機会に・・・。

スポンサーリンク

この記事が良ければ、ぜひシェアお願いします

もぐ
年齢 : 30代半ばの1児の新米パパ。ITネットワークから始まり、WEBディレクター、WEBシステム系のプロマネ、データ分析など色々やってるエンジニアです。WordPress、Webサービス構築、BIツール、IoTなどがトレンド。新しくて面白い仕事募集中。
スポンサーリンク