サザエさん一家はオレオレ詐欺の被害に逢いそう

この記事が良ければ、ぜひシェアお願いします

先ほどサザエさんを何気なく眺めていたのですが、サザエさんが「明日のハイキングは中止となりますので、連絡網回してください」という内容の電話を受けたことがきっかけで騒動が始まりました。

波平さんはおきまりの「バカモーン!」となり、なんでそんな大事な電話をスルーしてしまうんだ、もうお前は電話は取らなくていい、とビックリ仰天の展開になっていきました。

どうやら幼稚園のハイキングが中止になるとの情報は分かっているので、写真屋さんに予約が入っていないかカツオ君たちが聞きに行ったり、マスオさんが朝5時に駅前に行ってそんな感じの人たちに伝えにいくよ、と行ったりと騒動は大きくなっていったものの、最後はお決まりなオチでお隣のおじいさんが真相を明かしに来ていました。(すいません、じっくり見ていないのでかいつまんだ感じになってしまっていますが。)

私はこれを見てて、『あーまだこういう家って地方にはあるのかなぁ』と思いました。そもそも間違えて電話を掛けた人が悪いのは明白なのに、それを受けてしまった側が恐ろしいほど無駄な労力を掛けているのに、とても違和感を感じました。

だからオレオレ詐欺は減らないのではないか

たった間違い電話を受けただけで、こんなてんやわんやしていたら、サザエさん一家にオレオレ詐欺の電話が掛かってきたら、『うっかり振り込んじゃった』なんて充分にありえるなぁと思ってしまいました。『他の人たちへの思いやりがある』というほのぼのさはもちろんあるのですが、それに対してここまで影響を受けてしまっていたら、身内に関係することで電話が掛かってきたら詐欺には簡単に引っかかってしまうのではないでしょうか。

「まぁアニメの中の話だしなぁ」というのももちろんあるのですが、警視庁の振り込め詐欺対策のページを見てみると、”オレオレ詐欺”だけでなく、”架空請求詐欺””融資保証金詐欺””還付金詐欺”とあるようですが、こちらに掲載されている件数を引用させてもらいます。

      年     認知件数        被害額
平成19年         17,930件       約251億4,242万円
平成20年        20,481件       約275億9,439万円
平成21年           7,340件        約95億7,912万円
平成22年         6,637件       約82億1,361万円
 平成23年          6,255件       約111億3,422万円
(事後ATM引出額~約16億4,757万円)
平成24年1月現在  300件       約6億1,981万円
(事後ATM引出額~約5,910万円)

被害件数は減ってはいるものの、これだけテレビや新聞で注意喚起を行い、金融機関でも対策を行っているにも関わらず、相当な件数と金額の被害が毎年起こっているようです。『恐怖感』というものが詐欺に繋がる場合が多いとは思いますが、『思いやり』みたいなものも被害がなかなか減らないことの要因の一つになっているのかもしれないですね。

スポンサーリンク

この記事が良ければ、ぜひシェアお願いします

もぐ
年齢 : 30代半ばの1児の新米パパ。ITネットワークから始まり、WEBディレクター、WEBシステム系のプロマネ、データ分析など色々やってるエンジニアです。WordPress、Webサービス構築、BIツール、IoTなどがトレンド。新しくて面白い仕事募集中。
スポンサーリンク