SI時代の終焉の引き金となりそうな判決と現実

この記事が良ければ、ぜひシェアお願いします

先日、スルガ銀行が日本IBMにシステム開発の失敗による損害賠償を求めていた裁判の第一審判決は、スルガ銀行が事実上の全面勝訴、日本IBM側の敗訴となりました。

この事件を見れば見るほど、SI(システム・インテグレーション)というサービスにも限界が来始めているのかもしれないと感じてしまいます。

勘定系システムの開発失敗を巡るスルガ銀行と日本IBMの裁判について、東京地方裁判所が3月29日に下した判決の詳細が明らかになった。日経コンピュータは『スルガ銀が事実上の全面勝訴 IBMの責任認めた判決の深層』として判決の概要とその影響を速報した。ただ、日本IBMが判決について閲覧制限を申請していたため、これまでは約74億円の賠償を命じた判決理由は公開されていなかった。
今回、本誌が入手した判決文によれば、日本IBMが敗訴した最大の理由は、同社が米フィデリティ・インフォメーション・サービス(FIS)の勘定系パッケージソフト「Corebank」の選定に際し、リスクの回避策など十分な検討を怠った点(図)。上流の工程で日本IBMに重大な不備があった以上、スルガ銀が支払った費用は全て返還すべきという論理だ。

引用元 : スルガ銀-IBM裁判の判決全容が判明 | ITpro

私はSIをする側にも居たし、SIerに発注をする側にも居ました。その中で感じたことは、2点あります。

「SIをする場合、発注者側の業務知識不足やIT知識不足を補うためにはSEはかなり腕を上げ、時間を掛ける必要がある」ということ。

「SIerに発注する場合でも、発注元であるユーザ側にも充分なプロジェクトマネージメント能力が求められ、業務への充分な理解とIT知識・スキル、そして設計に意見できるだけの力がないとプロジェクトは失敗しやすい」ということ。

今回の訴訟では、金融の勘定系システムとまた業界特有で日本の商習慣も絡むため難易度も高かったのかもしれません。また、他社のパッケージを導入しようとする場合、そのパッケージに対する理解度が低いと失敗確率はグンと上がります。

日本IBM側も各工程毎に検収を受けているということなので、見た目上のプロジェクトは進んでいるように見えたのかも知れないですが、要件定義して単体テストは上手くいったものの、結合してみて上手くいかないというのはSIではよくある話です。

SIerが主導でシステムを作る時代の終わりは近い

大企業であれば、システム子会社を作って情報システム室のような役割で業務をしていたりするので、業務知識もあったりします。ですが、実際に業務をしてみないと分からないことも結構ある訳です。

また、システム子会社を全ての企業が持っている訳ではないですし、作ろうとすればそれはそれで労力が掛かる訳です。また、社内の情報システム室は、どちらかというと総務に近い立場で社内IT環境の構築や運用をすることの方が多いと思います。

そうなると、ITプロジェクトを実行しようとなると、「業務を経験していて、且つIT知識・スキルもあり、プロジェクト管理もできる人材が主導で、SIerも管理しながらプロジェクトを進められる」ことが人材要件として必要になっている時代が訪れているのでしょう。要求されるレベルはかなり高いと思います。

社長交代の本当の理由は、もう一つの「独自路線」のほうにありそうだ。富士通やNECなど日本のITベンダーが業務アプリケーションの領域に深く踏み込む中で、日本IBMも対抗上、追随したと思われる。これが世界のIBMの中で、日本の独自路線となった。

だが、基本的にシステム開発はユーザー主導で行うべきものだ。そのうえでITベンダーは、ITインフラや開発環境を用意し、開発工程の自動化に取り組むべきではないか。いわばシステム開発の工業化である。

引用元 : スルガ銀-IBM裁判から垣間見えた“SI時代の終焉” | ITpro

「クラウド!!」「クラウド!!」と叫ばれていますが、要はクラウドはインフラをベンダーに任せて、アプリケーション部分はちゃんと作りましょうね、ということです。(厳密に言えば、ミドルウェア以上も含むし、場合によってはWEB/AP/DB周りは熟知してなければいけないのですが)

こう見ると、「クラウドって結局何なの!?」って思うかもしれないですよね(笑)クラウドは言葉が先行して普及してしまった(否、ベンダーが普及させた感もある)ので、どういう活用が最適解かまだ分からない状況にあるんですよね。

モノを作れるだけでは価値としては低い

中国はちょっと単価が上がってしまった感はありますが、インド/ベトナムなどのプログラマー単価はまだまだ安い訳です。設計書(もちろん英語でですが)さえちゃんと書けていれば、出来上がってくるプログラムは日本人が作ったものよりも質が良い場合だってあります。

大手SIerのSE単価が人月150万がザラなのに比べて、インドやベトナムなら数十万で済みところもあるし、それ以下もある。あとはコミュニケーションコストやセキュリティなどの考慮ですよね。そうなると、日本人SEの価値はグローバルレベルで見ると下がってしまうわけです。

日本の場合、プログラマー単価の方がSEより低い慣習になっていますが、それもさらに下がる可能性が高い訳です。日本でも都市部は単価はまだ高いですが、地方になれば人月単価はぐっと下がります。(何十万レベルという話を聞いたことがあります)

先日こんな記事が投稿されていて、日本のSIに対する不安感がより増しました。

何十人もの新人さんを集めて、無料でいろんなプロジェクトに派遣するビジネスモデルが台頭してきているらしい。
何十人の内、数名でも生き残って、その後定期的な売り上げになれば良いという、携帯の新規契約無料みたいなモデルだ。
経験者も言い値で出すという。

新人さんに経験を付けてもらうためにお試しで出向することは百歩譲って良いとしよう。
いくらなんでも受け入れ側も新人ばかりでプロジェクトが上手くいくというバカPMはさすがにいない。

引用元 : エンジニア人月0円セールと、ござ先輩に見た未来 | 山本大@クロノスの日記

私の経験から言うと、発注元の自分よりもスキルが低い人は、SIerにざらにいます。ましてコミュニケーションもまともに取れない人もいるから、さらに厄介な訳です。そこに「ビジネス」という観点も抜けているので、向いている方向が合わないんですよね。こっちは月に向かって進んでいるつもりだけど、なぜかその人は斜め下に進んでいるような感じなんです(笑)

こうなると、SIerに求めるものは「プログラム/システムというモノを作るだけで終わり」以上になるわけです。ビジネスパートナーを求めている訳です。

その点、金融業界を担当するSE/営業は、顧客より金融知識が豊富なことが求められるので、ビジネスパートナーとしては良いとされて来たんですよね。ただ、今回のスルガ銀とIBMの件で、その印象も変わってしまったかもしれません。

総括

日本の三大SIerと言われた企業の本日2012年5月30日の株価終値を見ると、NECは111円。富士通は345円。日立は452円。特にNECのダウントレンドは驚くほどです。何年か前は富士通と対等に見られていたのが、市場の評価では3倍も差が開いている状況です。

とは言え、富士通もダウントレンドであることには変わりません。(日立本体はSIだけではないので、要因分析が難しいですが。)

面白いことに、三井情報(MKI)や伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)、SCSKなど大手総合商社の情報子会社の株価は、日経平均に引きずられてかダウントレンドではあるものの、そこまで値は落ちてないんですよね。

その市場評価からも、「SIビジネスというものそのもの」が”終焉”、または”生まれ変わり”を求められているのだと私は思います。それをアピールできるかできないかで、大きく未来が変わってくると感じています。

スポンサーリンク

この記事が良ければ、ぜひシェアお願いします

もぐ
年齢 : 30代半ばの1児の新米パパ。ITネットワークから始まり、WEBディレクター、WEBシステム系のプロマネ、データ分析など色々やってるエンジニアです。WordPress、Webサービス構築、BIツール、IoTなどがトレンド。新しくて面白い仕事募集中。
スポンサーリンク