痴漢冤罪防止のために男性専用車両を!

この記事が良ければ、ぜひシェアお願いします

私の好きだったドラマを見ていると、超満員電車の中で両手を挙げる主人公が映っている。両手を挙げるのは痴漢冤罪を防ぐためではあるのだが、そもそも通勤電車が満員になるのは承知の上なのは、交通会社も乗客も皆である。

しかし、なぜか『女性専用車両』が導入されても、女性は「階段から近いから」「急いでたから」などの理由で通常車両に乗り込み、痴漢の被害に合う/あるいは痴漢冤罪を引き起こしてしまう。

JR東海道線の電車内で痴漢行為をしたとして神奈川県迷惑行為防止条例違反に問われた男性(52)に対し、東京高裁(井上弘通裁判長)は26日、懲役4月、執行猶予3年の横浜地裁判決を破棄し、逆転無罪の判決を言い渡した。

男性は2010年4月、同県藤沢市のJR藤沢駅に停車中の車内で、女子高生の下半身を触ったとして、下車後に現行犯逮捕された。女子高生は犯人を目撃しておらず、ホーム上で警察官が犯人とみて携帯電話で撮影した人物の後ろ姿と、この男性が同一人物かどうかが争点となった。

弁護側は控訴審で、画像解析の鑑定を提出。弁護人によると、この日の判決は、肩などの特徴が男性と異なるとした鑑定結果に基づき、「別人の疑いが濃厚と言わざるを得ない」としたという。

引用元 : YOMIURI ONLINE

ひとりの青年がJR新宿駅で通りすがりの大学生らに痴漢の容疑をかけられ、激しい暴行を受けた後、警察からの違法な取調べなどが原因で自らの命を絶った2009年12月の「新宿署違法捜査憤死事件」。自殺の背景に新宿警察署によるずさんな捜査や、JR東日本の不適切な対応があったことが徐々に明らかになりつつある(※記事参照)。

 青年の母・原田尚美さんの求めに応じて昨年12月に開示された警察の取り調べ調書によれば、痴漢の「被害者」を名乗っていた女子大生が青年を犯人と「見間違えた」と証言していることも判明。新宿警察が、証言もないまま痴漢事件を組織的に捏造し、でっちあげの書類送検をした疑いが極めて濃くなっている。

 そんな中、母・尚美さんは警視庁を相手取り、今年4月に国家賠償請求を提訴(※記事参照)。その第3回口頭弁論が11月8日、東京地方裁判所で行われた。

引用元 : 大学職員自殺の”容疑”はやはり新宿署の捏造!? なぜ警察は証拠VTRを提出しないのか

もちろん痴漢は犯罪である。女性の敵であり、被害に合われた方は精神的に大きな傷も負われる重いものだとも認識している。しかし、加害者となった側/あるいは今回の焦点である冤罪で加害者扱いされた人への影響も看過できるものではない。

映画『それでもボクはやってない』は話題になったが、就職活動中の青年が痴漢冤罪と闘う姿が描かれている。まだ青年だからよいが、これが妻子を持つ立場でサラリーマンや公務員であれば、こう真っ当に闘おうとした瞬間に色々なものを失ってしまう。

問答無用の逮捕・拘留、地検への書類送検、地検での聴取、そして2年以上の裁判。こんなことしていたら、会社や組織から解雇されるのは当然で、下手すれば奥さんやお子さんから信頼を失い離婚、そして何もかも失うということだってありえる。

男性専用車両を切望する

都心部の通勤時間まっただ中は、本当に身動きが取れないほど満員なのである。そこでちょっとでも鞄の位置を直そうとすれば、誤解される可能性だって充分あり得る。

そんな現状は分かっているのだから、私は『男性専用車両』の導入を切望する。(ちなみに今はそんなに電車に乗らないので困ってはいないですが・・・汗)

『男性専用車両』でGoogle検索すると、平成24年5月14日(月)現時点で約 4,260,000 件もの結果が見つかる。つまり『男性専用車両』自体はその存在を求めている/検討している人がこれだけいるということだ。また、こんな考察をしているサイトがトップに出てきた。

参照先 : 男性専用車両の必要性についての考察

最近では、公務員による痴漢も増えているので、せっかく大量の血税を注いだ人材を闇に放りさるのももったいないので、男性専用車両に強制収容してしまえばいいのだ。(強引な帰結となってしまいましたが)

大阪府警天王寺署は11日、府迷惑防止条例違反の疑いで大阪市の花博記念公園事務所職員、鈴木健夫容疑者(50)を現行犯逮捕した。

 逮捕容疑は11日午前7時40分ごろから8時ごろまでの間、JR阪和線鳳-天王寺間の電車内で女子高生(17)の体を触った疑い。

 同署によると、気付いた高校生が鈴木容疑者の手をつかみ、偶然隣にいた平野署員の男性が異変に気付き天王寺駅で降ろした。鈴木容疑者は容疑を認めている。

引用元 : 痴漢中に女子高生に手つかまれ逮捕 大阪市職員、電車内で

 警視庁池袋署は2日までに、電車内で痴漢をしたとして東京都迷惑防止条例違反の疑いで、九州経済産業局(福岡市博多区)の地域経済課長補佐の男(46)を現行犯逮捕した。容疑を認めたといい、既に釈放された。

 同署によると、課長補佐は5月27日まで東日本大震災で被災した岩手県内の中小企業を支援する現地対策本部(盛岡市)に派遣され、28日夜に東京から航空便で福岡に帰る予定だった。「帰るまでに時間があったので痴漢してしまった」と供述したという。

 逮捕容疑は5月28日正午すぎ、JR埼京線の車内で、女子高生(17)の下半身を後ろから触った疑い。

引用元 : 被災企業支援から帰り「痴漢してしまった」

電車内で女子中学生の尻を触ったとして、警視庁野方署は19日までに、東京都迷惑防止条例違反容疑で同庁第6機動隊所属の男性巡査(25)を逮捕した。巡査は「触ったことは間違いない」と、容疑を認め、既に釈放されている。同庁は懲戒処分とする方針。
 逮捕容疑は17日午後5時15分ごろ、西武新宿線の高田馬場―鷺ノ宮間の車内で、隣に立っていた中学1年の女子生徒(13)の尻を触った疑い。

引用元 : 痴漢容疑で機動隊員逮捕=電車内で女子中学生の尻触る―警視庁 | Yahoo!ニュース(削除済み)

スポンサーリンク

この記事が良ければ、ぜひシェアお願いします

もぐ
年齢 : 30代半ばの1児の新米パパ。ITネットワークから始まり、WEBディレクター、WEBシステム系のプロマネ、データ分析など色々やってるエンジニアです。WordPress、Webサービス構築、BIツール、IoTなどがトレンド。新しくて面白い仕事募集中。
スポンサーリンク