ホームページ集客だけでなくPC運用も考慮に

この記事が良ければ、ぜひシェアお願いします

懇意にさせて頂いている方から急な連絡があったので何事かと思って話を聞いてみたのですが、どうやら普段メインで運用しているノートパソコンのハードディスクが異常をきたしているとのこと。Windows7側がハードディスク異常の可能性を示唆している画面が表示していたので、メーカー製ソフトウェアにあるような不具合とも違うので、問題が根深そうな印象を受けました。

それでもWindows7自体は、一応ちゃんと稼働しているには稼働しています。どうやらこのエラーメッセージは、主にハードディスクに実装されている自己診断のS.M.A.R.T(Self-Monitoring Analysis and Reporting Technology)のエラーを、Windows側が検知して、ハードディスクに障害が発生していることを警告しているようです。

ハードディスク自体に異常が出ているので、問題を抱えたままパソコンを運用することは危険なので、あとはHDDを換装して再インストールするなりせざるを得ませんが、使っているPCがどんなものかにもよります。ましてパソコンに対して専門的な知識を持っていない場合には、どういう対応をすれば良いのか分からないことが多いかと思います。

しかし、そのパソコン自体が事業を運営する上で”存在しない”ということは、あまり無いように思います。そのパソコンでもし何かが起こった時にどうするのか、すぐに相談できる専門家を抱えておくことは事業リスクを低減するためにも必要だと感じました。

スポンサーリンク

定期的なバックアップor緊急でもバックアップを

このようにS.M.A.R.Tが動作してエラーメッセージが表示された場合、定期的にバックアップを取っていればひとまず安心できるかもしれません。しかし、「バックアップって・・・?」という感じだと、その対応を速やかに行わないと危ないです。ハードディスク自体は一瞬で故障することもありうる機器なので、ハードディスク内のデータが一瞬でぶっ飛ばなかったのは不幸中の幸いです。

もし、S.M.A.R.Tが動作してエラーメッセージが表示されたら、ハードディスクに保存している大切なデーターのバックアップをすみやかに行いましょう。エラーメッセージにある通り、すぐに「バックアッププロセスを開始する」よりも前に、USBフラッシュメモリやSDHCカード、外付けHDDなどに必要なファイルを丸っとコピーしておきましょう。

復旧させてすぐ使えるようにさせたいというのも案の一つではありますが、OSから丸っとバックアップを取るのも多少専門知識が必要なので、うかつにやるのも個人的にはオススメできません。

「それなら全てのデータを紙にしておけばよい」というのが今までの考えですが、紙だとどこに行ったか分からなくなりやすいですし、紙の置き場も取ります。また、火に関わる事故が起きた場合にはその紙が消失してしまうこともありますので、デジタルで運用しているのであれば、デジタルでバックアップを心がけるのが良いかと思います。

あるいは、もしもの時のことを考慮してコンピュータ専門家を抱えておくのがリスク回避に適しているかと思います。

スポンサーリンク

この記事が良ければ、ぜひシェアお願いします

もぐ
年齢 : 30代半ばの1児の新米パパ。ITネットワークから始まり、WEBディレクター、WEBシステム系のプロマネ、データ分析など色々やってるエンジニアです。WordPress、Webサービス構築、BIツール、IoTなどがトレンド。新しくて面白い仕事募集中。
スポンサーリンク