WordPressのプラグインを使わずにテーマに実装しておきたい機能

この記事が良ければ、ぜひシェアお願いします

間が空いてしまいましたが、WordPressのテーマ作成連載を書く前に先じて、テーマを自作して一通りの機能を備えた超シンプルなWordPressテーマにローカル環境で挑戦していました。XHTML/HTML+CSSだけでなく、PHPも絡んでくる上に、テンプレートファイルをまたいで閉じdivタグがあったりして、構造を理解するのにだいぶ苦労してしまいました(^^;

また、WordPressの標準では実装されていてもおかしくないような機能がプラグインで実装するのがほとんどのケースのものなどは、あらかじめテーマに含めておきたいと考え、それらも吟味しつつ書いていました。さすがに標準関数ではなく、新規に関数を作るようなものはテーマに含めると複雑性が増してしまうので、そういうものは避けようと思い、シンプルになるよう注意していました。

WordPressのそういった手軽に実装できる小ワザ関連を先に取り上げて、その後、テーマ作成の実践に行きたいと思います!今回はページング処理をプラグインを実装する方法を取り上げたいと思います。

なぜ、プラグインではなくテーマに持たせるのか?

数行で済むものや標準関数を使うことで実現している機能の場合、WordPressのバージョンが変わることによって影響を受けることはあまりないと考えています。ただ、プラグインの場合は、自分自身が作ったものではないため、WordPress本体をバージョンアップした場合に、プラグインが対応しているか分からない場合は、そのプラグインがうまく動かない可能性もあります。(私の場合、なぜかLightbox PlusがWordPress3.3.1にしたら動かなくなりました)

テーマ側で簡単に実装しているものであれば、その部分が怪しいことが明白なので、デバッグはほとんど必要ありません。(但し、前提としてどこにその機能を記述しているか、テーマ配布側が情報提供していることが必要です。)

また、プラグインを大量に導入していると、プラグイン同士がバッティングして片方の機能が上手く動かないことや(CSSなんて簡単にバッティングしますもんね)、サーバ環境によってはプラグインが正常に動作しないということも考えられます。

テーマに持たせたほうが良いと思う機能

WordPressも3.3.xになって、かなりコア機能が多機能になってきたので、コアだけでもかなり色々なことができるようになってきましたが、デザインも合わせて考えると、”とりあえず入れてみる”というのも難しい話なのかと思います。私の個人的な意見になってしまいますが、WordPressでテーマとして持たせておいて良いと思う機能を挙げてみたいと思います。

  • パンくずリスト
  • ページナビゲーション
  • ToTopリンク
  • SEO対策
  • サイトマップ

あとか、小ネタにも過去掲載させてもらったことがある、記事IDを管理画面に表示するなども、その一つだと思っています。
他にも『こんなのあるよ!』というのがあれば、是非教えて頂ければと思います。次回からは、その一つ一つを記事にしていきたいと思いますので、よろしくお願いします!

スポンサーリンク

この記事が良ければ、ぜひシェアお願いします

もぐ
年齢 : 30代半ばの1児の新米パパ。ITネットワークから始まり、WEBディレクター、WEBシステム系のプロマネ、データ分析など色々やってるエンジニアです。WordPress、Webサービス構築、BIツール、IoTなどがトレンド。新しくて面白い仕事募集中。
スポンサーリンク