有料WordPressテーマは良いものと巡り合えれば超お買い得

この記事が良ければ、ぜひシェアお願いします

以前、海外の会員制のWordPressに登録し、そこのテーマを使ってみたのですが、マルチバイトを上手く表示してくれなかったり、その人のフレームワークでガチガチでカスタマイズしにくかったりと、苦い思いがあったので、有料WordPressを避けて自作して来ました。

しかし、WPtouch Proはスマホ化するのは問題ないものですが、どちらかというとブログには便利な表示に簡単にできるのですが、メディアサイトやコーポレートサイトなど、他のサイトに対応させるには適していないのかと最近思ってきました。

なぜかというと、結局WPtouch Pro向けのテーマを作成しないといけないので、なんだか本末転倒な気がしてしまうからです。(繰り返しになりますが、ブログサイトにはかなり重宝できるプラグインだと思って、今でも使っています)

じゃあ、「WordPressの自作テーマをレスポンシブ対応すればいいじゃないか」という案もあるのですが、メディアクエリーを使って、クロスブラウザ対応まで作り込むのはかなり手間が掛かります。というのと、自分がもともとWebデザイナーではないので学習コストが掛かると思いまして・・・(笑)

一からWeb向けのテーマを作るだけでもWebデザイン初心者にとっては大変でしたが、さらにレスポンシブWeb対応して、コンテンツ毎にテンプレートファイルを作って、カスタムフィールドの定義とビューのレイアウト考えたり…としていたら、さすがに時間が足らなくなってしまいます。

今も集客改善のために、SEO/SEM/MEO対策やアクセス解析もしつつ、新たに依頼されたサイト開発もしているので、なるべく省ける手間は省きたいと考え始めました。

有料WordPressテーマを再度使い始める

会員制サイトのWordPressテーマは、年間や一度会費を払えばどれでも何回でもダウンロードできるというメリットはあるのですが、どうしてもそのサイトのテーマ開発者がほとんど同じだったりするので、見栄えが違うくらいで中身はほとんど同じだったりするんですよね。

見栄え変えるくらいなら、自分でCSS組んだ方が早いので、あまりメリットを感じません。(半年経って、DreamWeaverも使わずにCSSいじられるようにはなりましたので)

そのことを鑑みて、色々なデザイナーが制作したWordPressテーマを小売しているサイトから、レスポンシブWeb対応していて、且つテンプレートビルダーが付いているものを購入しました。やはり会員制サイトに比べると割高ではありますが、買って非常に良かったと思えるほどの出来でした。(ドル立てで支払いなので、こういうところは円高の恩恵を受けられていますねw)

WordPressの可能性が広がった

個別WordPressテーマだと、どれも開発者が違うので当たり外れがあります。しかし、その分競争原理がそのテーマ販売サイトで起きていることでもある、クオリティが高いものも多いと感じました。

また、今までfunctions.phpやプラグインで実現していた機能もテーマに含まれている上、テンプレートビルダーまで付いていて、50ドルほどで買える訳です。(もちろん、当たり外れというか、その人にとって使いやすい使いにくいは出てくると思います)

そこまで一から自分で作ろうと思ったら、何十時間掛かるか分かりません。時給3000円換算したとしても、数十万掛かるものを数千円で手に入れるれるとしたら、投資対効果は百倍です。余裕で回収できます。

しかも、サイト開発はテーマを作れば終わりではなく、そこからさらにレイアウト、カラーデザイン、テンプレート作成、ライティング、画像制作など諸々の作業も待っています。

そういう意味で、テーマを作って販売することで生計を立てようとする人以外は、有料WordPressテーマを購入するのも良いかもしれないと考え直しました。ちなみに私は「Themeforest」をメインに使っています。

Written by Digi-Cyber

スポンサーリンク

この記事が良ければ、ぜひシェアお願いします

もぐ
年齢 : 30代半ばの1児の新米パパ。ITネットワークから始まり、WEBディレクター、WEBシステム系のプロマネ、データ分析など色々やってるエンジニアです。WordPress、Webサービス構築、BIツール、IoTなどがトレンド。新しくて面白い仕事募集中。
スポンサーリンク

コメントをどうぞ