WordPressテーマでチェックしたい条件・特徴

この記事が良ければ、ぜひシェアお願いします

最近、ちょこちょこWordpressをカスタマイズしているんですが、やっぱり自分でスタイルシートを組んでいない分、どういうガイドラインを以て作られているのか分からないから、困ることが多いんですよね。

なので、最終的には自分で【最強のWordpressテーマ】を作るべく勉強中(笑)なのですが、海外の有料サイトなど色々と見てみて、Wordpressテーマとしてはこの条件・特徴(features)があるかどうかを見たほうがよいのではないかと考えました。

無料のWordpressテーマも超いっぱいあって、スタイリッシュなものもいっぱいあるのですが、Webサイトとして考慮すべきことが欠けている場合も多いな、と感じました。今使っているテーマは、h1~h6タグは何もスタイリングされていなくてビックリしたのですが(笑)、極力テーマで考慮しておくといいと思いました。プラグインをたくさん入れすぎると重くなる上、管理メニューが煩雑になったり、他のタグ・関数・クラスなどと干渉しているのか上手くプラグインが動かなかったりとあるので・・・。

私が考える、Wordpressテーマでチェックしたい条件・特徴を纏めてみたので、書いてみました。

クロスブラウザ対応

Webサイトを見ているデバイスとソフトウェアは世界中にたくさんあります。同じWindowsでも、XPユーザーは健在ですし、IEでもIE6~8と人によってそれぞれ違います。ですので、なるべく多くのブラウザに対応しているテーマであることが望ましいですね。さらに理想を言うと、PC/携帯/iOS/Androidでも最適化されていると良いのですが・・・携帯はガラケー文化だから難しいですかね(笑)

【最低限対応しておきたいブラウザ】

  1. IE6+7+8
  2. Firefox
  3. Chrome
  4. Safari
  5. Opera

テーマの全般設定

Wordpressそのものの機能として『テーマ編集』はありますが、導入したテーマに備わっている機能としてテーマ設定ができた方が、カスタマイズ性が高まります。結局、テーマを導入しても、個別にスタイルシートや各種PHPを編集すると、そのガイドラインは結局自分自身では分からないので、頭がこんがらがってしまいます。

インテグレーション

head,hooter,追加CSSは別枠で設定できるようにしておいた方が、Wordpressを使い続ける上では分かりやすいと思います。例えば、テーマそのもののVer.upした時に、修正したテーマが上書きされて、追記したものが分からなくなってしまう事態が起こるかもしれません。

軽めのプラグインと同等の機能

『パンくずリスト』や『ページナビ』、『PAGE TOPへのリンク』など、プラグインを入れずともPHP内で完結できるような機能は、テーマとして実装されているのが望ましいですね。他にも、人気のある記事や関連のある記事なんかも、実装されていることが良いですね。

幅の最適化

クロスブラウザ対応にも含まれますが、media typeによって幅などが最適化されるように事前に考慮されていると、テーマのカラーリングなどとPCと他のデバイスで統一性が取れるので、最適化を考慮されているのが望ましいですね。

SEO対策(の一部)

Wordpressユーザーには、『All in One SEO Pack』はSEO対策としては非常に有名ですよね。でも、入れただけで終わってませんか?各ページのkeywords,description,各metaは、記事投稿の度に設定していますか?
その辺は投稿の度に入れた方がSEO的には効果的なのですが、プラグインを入れて終わるのではなく、その投稿内の文字からある程度自動的に設定できるようにするべきです。phpで動的にできるよう、テーマでもSEO対策させれば良いと考えます。

h1~6タグやStrongタグの設定

SEO的には、h1タグ~順番に重要なワードが特徴付けられていることが重要と言われています。他にもStronタグなど、また改めて整理しようと思いますが、その辺りの重要性の高いタグは良く使うので、見た目的にも装飾されたスタイルシートになっている方が望ましいです。

アドバタイズメントの設定

アフィリエイトタグを入れている人は分かると思いますが、ウィジェットのテキストメニューにタグを入れてアドバタイズメントを入れている人は多いかと思います。ただ、配布されているテーマがもともと用意してくれているレイアウトもあったりします。それをちゃんと設定できるようにテーマに含めておいてもらう必要があると思います。

ショートコード

例えば、ボタンやボックスやスライドショーなど、CSS/Javascriptを使って個別に実装することがあると思いますが、結局テーマをカスタマイズすることになります。よく使うものをショートコードとして実装されているテーマは、より便利ですよね。

ただいま、HTML5/CSS3/Javascriptやスマフォ最適化などを鋭意勉強中なので、テーマ作成を頑張りたいと思います。

スポンサーリンク

この記事が良ければ、ぜひシェアお願いします

もぐ
年齢 : 30代半ばの1児の新米パパ。ITネットワークから始まり、WEBディレクター、WEBシステム系のプロマネ、データ分析など色々やってるエンジニアです。WordPress、Webサービス構築、BIツール、IoTなどがトレンド。新しくて面白い仕事募集中。
スポンサーリンク