[WordPress] WPtouch Proを購入したので購入方法をご紹介

この記事が良ければ、ぜひシェアお願いします

以前、スマートフォンからのアクセスの際にどう振り分けるかの方法を『スマートフォンからのアクセスを判別して振り分け動作をする4つの方法 』を書かさせて頂きましたが、個人でブログサイトを運営して行く上で、テーマをスマフォ用に作るのはそれはそれで大変だと思っていました。

そうすると、皆さん御用達するのが「WPtouch」な訳ですが、無償版だと思ったほどカスタマイズが細かくはできないです。そこで情報を漁っていたら、WPtouch Pro版があることが分かったので、そのサイトを目を皿のようにして見ていました。(英語ですし、決して安くはないのです。)

そのサイトはこちらになります。

WPtouch Proは試用が可能なので、支払いは必要なのですが7日間以内で気に入らなければ返金してくれるので、まず試して見ても良いと思います。私は以前Elegant Themesでテーマを購入したことがありますが、日本語表示が上手く行かず、返金対応してもらえました。(Paypalだとすんなりキャンセル処理してくれるので楽でした)

まだ80円前後の円高の時なので(まぁもっと円高するかもしれないですが)、私の場合はエイヤッと5ドメイン分を購入しましたまだ2ドメインしか使ってないですけど、なぜそうなるのかも先日の記事『[WordPress] WPtouch Proを試用してみての感想』をご覧頂ければ分かると思います。

WPtouch Proの購入手順

まず、購入するにはそのサイトに行かないと行けないですよね。ということで、まずはhttp://www.bravenewcode.com/に言きます。全部英語になっていますが、購入手続きする上で英語が苦手でもそんなに大きな障壁にはならないと思います。


WPtouch Proの購入の決心が付いたら(笑)、「BUY NOW」と書かれた赤いボタンをクリックしてください。そうすると、どのライセンスパックを購入したいのかボタンと一緒に出てくるので、購入したいパックのボタンを選んでください。

そのボタンを押すと、今度はアカウント情報を入力する画面と右側に購入するパックの商品情報が書かれた画面に遷移します。ちなみに、このサイトはWordPressの会員機能を使って構築されていたりします。ちなみに入力はアルファベットになります。特に慣れていないと分からないのが住所ですが、英語で住所を表記する時は、日本語の時と全く逆になります。番地→町名→市区町村→都道府県の順番で書いて、その間は,でも打ってください。


それが完了すると、支払い画面に遷移します。支払い方法は「クレジットカード」か「Paypal」のどちらかになります。私はPaypalで支払ったので、その後Paypalの画面へと遷移したのですが、クレジットカードの場合はここで認証が行われるのかと思います。(すいません、クレジットカードで支払わなかったもので)


支払い処理が完了すると、英語で「Purchase completed, thank you.」「お買い上げありがとうございます」と表記が出てきます。これでWPtouch Proの購入処理が完了したわけです。



肝心のWPtouch Proのプラグインはどこにある?

さて、支払ったのでWPtouch Proのプラグインを早速ダウンロードしたいところなのですが、私はここでさ迷いました(笑)

ログインした状態で、下記の画面が表示されていると思いますが、この右下にある「GET AROUND」というコーナーを見てください。その中に、「My Plugin」というメニューがあります。そうです!これがあなたが購入したプラグインがある場所です!


このメニューをクリックすると、下記の画面のように最新のWPtouch Proをダウンロードできるようになります。おめでとうございます!(笑)

ちなみに、無償版のWPtouchを使っていたことはWPtouch Proをダウンロードし展開しアップロードするとビックリすると思うのですが、ファイル量もサイズも全然違います。FTPでアップロードするだけで数分かかってしまうくらい作り込まれています。


今回はWPtouch Proの購入方法のご紹介だったのですが、私もまだ充分に使いこなせていませんので、チューニングやTipsを今度ご紹介できればなと思っています。

Written by Info Architecture

スポンサーリンク

この記事が良ければ、ぜひシェアお願いします

もぐ
年齢 : 30代半ばの1児の新米パパ。ITネットワークから始まり、WEBディレクター、WEBシステム系のプロマネ、データ分析など色々やってるエンジニアです。WordPress、Webサービス構築、BIツール、IoTなどがトレンド。新しくて面白い仕事募集中。
スポンサーリンク