zenbackを導入することでの効果と感想

この記事が良ければ、ぜひシェアお願いします

色々なブログを拝見していると、著名人や有名なブロガーさんのサイトでもzenbackを導入していることに気づきました。「レイアウトも綺麗だし、何だろうこれ?」と思ってzenbackのサイトに行って、どんなものかふむふむと読んでいました。

読んでいるうちに、「なるほど、これは面白そうだ!」と思ったのと、「各種ソーシャル系のボタンも綺麗に並ぶし、Feedbackも返してくれるし、関連リンクも出してくれるしPVアップにも繋がりそうだ」と思ったので、当サイトでも導入をしてみました。

基本的には、投稿記事のみに適用するようにしていたのですが、新規投稿したばかりの記事だと『関連リンクがすぐには反映されない』というのと、『コメント部分がかなり下に行ってしまう』のと、『Javascriptで呼び出しているので表示に時間が掛かってしまう』のが非常に気になっていました。「これだと重くなるだけで、かえってサイトとしては逆効果なのではないか?」と思うようになり、同じようなことを考えている人がいるか検索してみました。(zenbackってシックス・アパートさんのサービスなのですね。WordPress使っちゃっててなんかすいません汗)

zenbackの効果はどうなのだろうか

個人的には、ボタンを付けたり記事数の件数を変更したり、わりと簡単にカスタマイズができるし、色合いも気に入っていたりするのでよいと思っていますが、やはり表示速度が遅くなってしまうのが懸念事項でした。下記はカスタマイズのスナップショットです。




ただ、外部からの流入は多少はあるのではないか?と思っていたりするのですが、アクセス解析を見る限りでいうとそんなに裾野は増えていない感じでした。参照元のドメインはまだ導入してから間もないからか、伸びはほとんどなかったです。(zenback側のデータベースへの反映に時間が掛かってるとか?)

下記参考元のページを見ると、PV的には10%ほどの伸びがあるのではないかと思えるのですが、実際にzenbackが効いているかどうかは検証しづらいところではあるので、様子を見ながら使っていくのが良いかなぁと思いました。

参考元 : zenbackの効果(途中経過)
参考元 : PV(ページビュー)で悩むならzenbackで一発解決!

zenbackを導入してみての雑感

やはり記事側に貼ってしまうと表示に時間が掛かってしまうのですが、関連リンクがどういう効果をもたらすのか見てみたいと思ったので、記事からは外して、サイドバーに最小情報のみ表示するようにしてみました。しばらく様子を見て、また効果検証してみようと思います!

2012/03/12追記

Google Analyticsを途中で変更してしまったので、数は少ないのですが、先ほどGAで見たところリファラーは”24″でした。ここから裾野がどう広がっていくか、指標にしたいと思います。

2012/04/03追記

先ほど確認したところ、GAで見たリファラーは”35″でした。微妙に増えている感はあるものの、1アクセスだけの裾野が増えても意味がないので、zenbackは一旦外してみようと思います。もっと人気のあるブログに化けた際にでも、また試してみたいと思います(笑)

スポンサーリンク

この記事が良ければ、ぜひシェアお願いします

もぐ
年齢 : 30代半ばの1児の新米パパ。ITネットワークから始まり、WEBディレクター、WEBシステム系のプロマネ、データ分析など色々やってるエンジニアです。WordPress、Webサービス構築、BIツール、IoTなどがトレンド。新しくて面白い仕事募集中。
スポンサーリンク